神学大全33・34 第III部 第31問題~第37問題

創文社オンデマンド叢書
シンガクタイゼン33・34 ダイIIIブ ダイ31モンダイ~ダイ37モンダイ
  • 電子のみ
神学大全33・34 第III部 第31問題~第37問題
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • まえがき
  • 第三十一問題 救い主の懐胎について 質料の側に関して
  • 第一項 キリストの肉身はアダムに由来するものであったか ~ 第八項 キリストはアブラハムを通じて十分の一を納めたか
  • 第三十二問題 キリストの懐胎について 能動的根源に関して
  • 第一項 聖霊はキリストの懐胎の能動的根源であったか ~ 第四項 至福なる乙女はキリストの体の懐胎において何らかの能動的な役割を果したか
  • 第三十三問題 キリストの懐胎の様相と順序について
  • 第一項 キリストの体は懐胎の最初の瞬間において形成されたのであるか ~ 第四項 キリストの懐胎は自然的であったか
  • 第三十四問題 懐胎された子の完全性について
  • 第一項 キリストは彼の懐胎の最初の瞬間において恩寵によって聖化されたか ~ 第四項 キリストは彼の懐胎の最初の瞬間において完全な到達者であったか
  • 第三十五問題 キリストの誕生について
  • 第一項 誕生は自然本性あるいはペルソナのいずれに属することか ~ 第八項 キリストは適合な時に生まれたか
  • 第三十六問題 誕生したキリストの顕示について
  • 第一項 キリストの誕生は万人に明白であるべきであったか ~ 第八項 博士たちがキリストを礼拝し、崇敬するために来たのは適当であったか
  • 第三十七問題 キリストの割礼、および幼児キリストに関して守られたその他の律法の掟について
  • 第一項 キリストは割礼を受けるべきであったか ~ 第四項 神の母が清めのために神殿に行ったことは適当であったか
  • 訳者注
  • 解説 幼な子イエスをめぐる神学的問題

製品情報

製品名 神学大全33・34 第III部 第31問題~第37問題
著者名 著:トマス・アクィナス 訳:稲垣 良典

著者紹介

著:トマス・アクィナス(トマス・アクィナス)

1225頃~1274。スコラ学の代表的神学者。ドミニコ会士。アルベルトゥス・マグヌスに師事し、パリのドミニコ会神学校の学長を歴任した間に『神学大全』を完成した。

訳:稲垣 良典(イナガキ リョウスケ)

1928-2022。東京大学文学部卒業。アメリカ・カトリック大学大学院哲学研究科にてPh.D.を取得。文学博士(東京大学)。九州大学名誉教授。専門は中世スコラ哲学。『神学大全』翻訳で第67回毎日出版文化賞,『トマス・アクィナスの神学』および『トマス・アクィナス 「存在」の形而上学』で第27回和辻哲郎文化賞をそれぞれ受賞。

オンライン書店で見る