神学大全45 第III部 第84問題~第90問題

創文社オンデマンド叢書
シンガクタイゼン45 ダイIIIブ ダイ84モンダイ~ダイ90モンダイ
  • 電子のみ
神学大全45 第III部 第84問題~第90問題
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • まえがき
  • 第八十四問題 悔悛の秘跡について
  • 第一項 悔悛は秘跡であるか ~ 第十項 悔悛の秘跡は反復されるべきか
  • 第八十五問題 徳としての悔悛
  • 第一項 悔悛は徳であるか ~ 第六項 悔悛は諸々の徳のうち第一であるか
  • 第八十六問題 悔悛の結果について 大罪の赦しに関して
  • 第一項 悔悛によってすべての罪が除去されるか ~ 第六項 罪過の赦しは徳であるかぎりでの悔悛の結果であるか
  • 第八十七問題 小罪の赦しについて
  • 第一項 小罪は悔悛なしに赦されることが可能か~ 第四項 小罪は大罪の赦しなしに赦されることが可能か
  • 第八十八問題 悔悛によって赦された罪の戻りについて
  • 第一項 赦された罪はその後の罪のゆえに戻ってくるか ~ 第四項 それのゆえに、後で犯される罪が先に赦された罪を戻らしめるところの忘恩は、特別な罪であるか
  • 第八十九問題 悔悛による徳の回復について
  • 第一項 徳は悔悛によって回復されるか ~ 第六項 死せる行為さえも後続の悔悛によって生命あるものとなるか
  • 第九十問題 悔悛の諸部分について 総論
  • 第一項 悔悛には諸々の部分があると見なすべきか ~ 第四項 悔悛が洗礼前の悔悛、大罪の悔悛、小罪の悔悛に区分されるのは適切であるか
  • 訳者注
  • 解説 トマスの「悔悛」神学

製品情報

製品名 神学大全45 第III部 第84問題~第90問題
著者名 著:トマス・アクィナス 訳:稲垣 良典

著者紹介

著:トマス・アクィナス(トマス・アクィナス)

1225頃~1274。スコラ学の代表的神学者。ドミニコ会士。アルベルトゥス・マグヌスに師事し、パリのドミニコ会神学校の学長を歴任した間に『神学大全』を完成した。

訳:稲垣 良典(イナガキ リョウスケ)

1928ー2022年。東京大学文学部卒業。アメリカ・カトリック大学大学院哲学研究科にてPh.D.を取得。文学博士(東京大学)。九州大学名誉教授。専門は中世スコラ哲学。『神学大全』翻訳で第67回毎日出版文化賞、『トマス・アクィナスの神学』および『トマス・アクィナス 「存在」の形而上学』で第27回和辻哲郎文化賞をそれぞれ受賞。

オンライン書店で見る