ドイツ手工業・同職組合の研究 14~17世紀ニュルンベルクを中心に

創文社オンデマンド叢書
ドイツシュコウギョウドウショククミアイノケンキュウ 14~17セイキニュルンベルクヲチュウシンニ
  • 電子のみ
ドイツ手工業・同職組合の研究 14~17世紀ニュルンベルクを中心に
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • 目次
  • 序論 ドイツ手工業・同職組合史研究の現状と課題
  • 第一節 ドイツ手工業・同職組合史の研究状況
  • 第二節 ニュルンベルク手工業・同職組合史の研究状況
  • 第三節 問題設定
  • 第一章 門閥支配型都市の手工業者
  • はじめに
  • 第一節 参事会・門閥・手工業者
  • 第二節 参事会による手工業支配
  • 第三節 一五世紀後半からの職種専門化と自立化
  • 第四節 都市の社会福祉政策と同職組合
  • まとめ
  • 第二章 生産をめぐる諸問題
  • はじめに
  • 第一節 原料
  • 一 羊毛 二 大青
  • 第二節 品質検査
  • 第三節 生産高
  • 一 毛織物 二 麻織物 三 英国産毛織物 まとめ
  • 第三章 同職組合制度の特質
  • はじめに
  • 第一節 対内的平等か
  • 一 労働力の均等化 二 織機の台数制限および工房・生産高の制限 三 原料の共同購入 四 諸施設の共同利用 五 規格均一化
  • 第二節 対外的排除 加入条件の検討
  • 一 徒弟・職人期間、遍歴強制、徒弟受入禁止期間 二 親方作品ないし親方試験 三 加入金と最低資産証明 四 親方子息および婿入り職人の優遇 五 親方数の制限 六 新親方に対する賦課
  • 第三節 新親方(親方権取得者)の数
  • まとめ
  • 第四章 同職組合と問屋制度
  • はじめに
  • 第一節 問屋制度の生成・展開と同職組合の対応
  • 第二節 親方問屋主の経営・存在形態
  • 一 繊維・染色・仕上業の場合 二 金属加工業の場合 三 皮加工業の場合 四 小売・卸売と不動産投資の位置づけ
  • 第三節 出来高払工の存在形態
  • 一 同職組合と出来高払工 二 問屋契約 三 出来高払工の労働・生活状況 まとめ
  • 第五章 手工業者の収入・支出・財産
  • はじめに
  • 第一節 手工業者親方の財産
  • 第二節 蓄財機会としての商業
  • 第三節 収入・支出
  • 一 親方 二 職人 まとめ
  • 史料
  • 第六章 女性労働
  • はじめに
  • 第一節 女性の職業活動
  • 第二節 女性労働の制限と排除
  • 一 奉公女をめぐって 二 女性徒弟と寡婦をめぐって三 権利と名誉をめぐって まとめ
  • 第七章 経済的中心地システムの形成
  • はじめに
  • 第一節 ニュルンベルクの領域形成
  • 第二節 中心地システムの中の郊外市
  • 第三節 中心地システムの中の古領域
  • 第四節 中心地システムの中の新領域
  • 第五節 中心地システムの中の領邦小都市・農村
  • まとめ
  • 結語
  • あとがき
  • 史料・文献一覧
  • 索引(人名・地名・事項・手工業者および職種名)
  • 図表一覧
  • ニュルンベルク貨幣・度量衡

製品情報

製品名 ドイツ手工業・同職組合の研究 14~17世紀ニュルンベルクを中心に
著者名 著:佐久間 弘展

著者紹介

著:佐久間 弘展(サクマ ヒロノブ)

1958年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。早稲田大学政治経済学部卒業、バイロイト大学博士課程修了(PhD)。
著書に、『若者職人の社会と文化 14~17世紀ドイツ』『ドイツ手工業・同職組合の研究』などがある。

オンライン書店で見る