アインシュタイン 物理学と形而上学

創文社オンデマンド叢書
アインシュタインブツリガクトケイジジョウガク
  • 電子のみ
アインシュタイン 物理学と形而上学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • 目次
  • 略号
  • 序章 物理学と形面上学
  • 一 物理学の目標 ~ 五 本書の課題・方法・展開
  • 第一章 特殊相対性理論への道
  • 第一節 運動と変換
  • 一 運動する観測者と光のパラドックス ~ 五 マイケルソンの実験
  • 第二節 ローレンツ理論との格闘
  • 一 ローレンツ理論から特殊相対性理論へ ~ 五 突破口としての時間変換
  • 第三節 ヒュームとマッハ
  • 一 ヒュームとマッハの批判的な思惟 ~ 五 有害な害虫を根絶できるだけ
  • 第二章 原理理論
  • 第四節 時間
  • 一 同時刻性の定義 ~ 五 自由裁量に従ってなしえた設定
  • 第五節 相対性原理と光速度一定の原理
  • 一 二つの原理の独立性 ~ 五 不変量論としての特殊相対性理論
  • 第六節 原理理論としての特殊相対性理論
  • 一 構成理論と原理理論 ~ 五 相対性理論は絶対主義である
  • 第三章 実在をめぐる戦い
  • 第七節 光量子
  • 一 深刻な形式的な相違 ~ 五 量子力学に対する批判
  • 第八節 特殊相対性理論から一般相対性理論へ
  • 一 私の生涯の最も素晴らしい思想 ~ 五 一般相対性理論とマッハ
  • 第九節 場の導入によって開始された革命
  • 一 アインシュタインにとっての革命 ~ 五 実在をめぐる戦いは終っていない
  • 第四章 理性と実在
  • 第十節 数学的に考えうる最も単純なものの実在化
  • 一 羅針盤とユークリッド幾何学 ~ 五 神は数学する
  • 第十一節 経験と理性
  • 一 マッハ的な経験主義の批判 ~ 五 思弁としての理性の力
  • 第十二節 人間精神の自由な創造
  • 一 基礎の仮構的性格 ~ 五 概念との自由な遊びとしての思惟
  • 第五章 形而上学
  • 第十三節 自然のうちで自己を顕現する理性
  • 一 神即自然(スピノザ) ~ 五 生成と存在(パルメニデス)
  • 第十四節 物理学は一種の形而上学である
  • 一 概念の創造としての形而上学 ~ 五 形而上学者アインシュタインの誕生
  • 第十五節 形而上学者アインシュタイン
  • 一 おとなしい形而上学者 ~ 五 知を愛し求める者
  • あとがき

製品情報

製品名 アインシュタイン 物理学と形而上学
著者名 著:細川 亮一

著者紹介

著:細川 亮一(ホソカワ リョウイチ)

1947年生まれ。 哲学研究者。九州大学名誉教授。東京大学文学部卒業(文学博士)。
著書に『意味・真理・場所 ハイデガーの思惟の道』『ハイデガー哲学の射程』『ハイデガー入門』『形而上学者ウィトゲンシュタイン 論理・独我論・倫理』『ヘーゲル現象学の理念』『アインシュタイン物理学と形而上学』『純化の思想家ルソー』『道化師ツァラトゥストラの黙示録』『要請としてのカント倫理学』など。

オンライン書店で見る