ローマ皇帝とその時代 元首政期ローマ帝国政治史の研究

創文社オンデマンド叢書
ローマコウテイトソノジダイ ゲンシュセイキローマテイコクセイジシノケンキュウ
  • 電子のみ
ローマ皇帝とその時代 元首政期ローマ帝国政治史の研究
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • はしがき
  • 凡例
  • 目次
  • 序論 ローマ皇帝政治とは何か
  • 第一部 皇帝政治の進展と社会構造の特質 紀元一世紀のローマ帝国
  • 第一章 皇帝政治の進展と政治思潮の様態
  • 一 皇帝政治と自由
  • 二 アウグストゥスと自由
  • 三 恐怖政治の時代の自由
  • 四 対立する二つの自由
  • 第二章 皇帝権力の確立と反皇帝行動の本質
  • 一 哲学者の反皇帝行動
  • 二 反皇帝行動の性格
  • 三 反皇帝行動と弾圧の社会的背景
  • 第三章 ローマ社会の特質と政治支配層の実態
  • 一 ローマ社会の特質
  • 二 政治支配層の性格
  • 三 政治支配層の家族と家系
  • 第二部 皇帝政治の安定と社会変動の進展 紀元二世紀のローマ帝国
  • 第一章 五賢帝時代開幕の真相
  • 一 五賢帝時代の特徴と評価
  • 二 ネルウァ治世の実態
  • 三 トラヤヌス政権成立の真相
  • 第二章 皇帝政治安定の真因
  • 一 「暴君」ドミティアヌスの人と政治
  • 二 「賢帝」ネルウァの人と政治
  • 三 トラヤヌスの政治と内政の安定
  • 四 皇帝政治と自由の「融和」
  • 第三章 皇帝位継承の秘密
  • 一 憎まれた賢帝ハドリアヌス
  • 二 セリヌスの秘密
  • 三 トラヤヌス治世の有力者たち
  • 四 ハドリアヌス政権の成立
  • 五 ハドリアヌスの皇帝位継承策
  • 第三部 社会構造の変動と皇帝政治の変貌 危機に向かうローマ帝国
  • 第一章 対外的危機と政治支配層の変容
  • 一 マルクス・アウレリウス帝とマルコマンニー戦争
  • 二 ローマの戦争目的
  • 三 マルコマンニー戦争の対外的意義
  • 四 戦争の帝国内への影響
  • 五 政治支配層の変容
  • 第二章 皇帝政治の「伝統」とその破綻
  • 一 セプティミウス・セウェルス帝の人と政治
  • 二 皇帝と元老院の対立
  • 三 騎士身分登用の意味
  • 第三章 アリストクラシーとしての皇帝政治の終焉
  • 一 二三八年のローマ帝国
  • 二 アレクサンデル・セウェルス帝の統治
  • 三 二三八年の内乱の意義
  • 結語 ローマ元首政の本質と専制君主政への道
  • あとがき
  • 初出一覧
  • 参考文献目録〔略号一覧・史料・研究文献〕

製品情報

製品名 ローマ皇帝とその時代 元首政期ローマ帝国政治史の研究
著者名 著:南川 高志

著者紹介

著:南川 高志(ミナミカワ タカシ)

1955年生まれ。歴史学者。京都大学名誉教授。専門は、古代ローマ史。
京都大学文学部西洋史卒業、同大学院博士後期課程研究指導認定退学。文学博士。
著書に、『ローマ皇帝とその時代』『ローマ五賢帝』『海のかなたのローマ帝国』『新・ローマ帝国衰亡史』『ユリアヌス 逸脱のローマ皇帝』『大学で学ぶ西洋史 古代・中世』(共著) 『人文学への接近法 西洋史を学ぶ』(共編)など、
訳書に、アエリウス・スパルティアヌス他『ローマ皇帝群像(1~2)』(共訳)ピーター・サルウェイ『古代のイギリスなどがある。

オンライン書店で見る