愛と死について

創文社オンデマンド叢書
アイトシニツイテ
  • 電子のみ
愛と死について
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • 第一部 愛と死について
  • 一 愛について(一)
  • 二 愛について(二)
  • 三 友情について
  • 四 孤独について
  • 五 死について
  • 六 歳月について
  • 七 別れについて
  • 八 手紙について
  • 九 告白について
  • 十 愛の詩について
  • 第二部 文学に現われた愛と死
  • 一 ゲーテの世界
  • 二 サン・テクジュペリの世界
  • 三 人間的信の悲劇 シェイクスビア『オセロー』
  • 四 情熱と神話 ルージュモン『愛について』
  • 五 トルストイにおける芸術と自然
  • 六 人間的愛の悲劇 ドストエフスキィ『カラマーゾフの兄弟』
  • 七 キェルケゴールにおける詩と沈黙
  • 八 キェルケゴールにおける愛と死
  • あとがき

製品情報

製品名 愛と死について
著者名 著:佐々木 徹

著者紹介

著:佐々木 徹(ササキ トオル)

1941年生まれ。哲学者、評論家。追手門学院大学名誉教授。専門は哲学・比較思想比較文化論。
著書に『愛と死について』『美は救済たりうるか』『西谷啓治 その思索への道標』『魔的なるもの 美と信の問題』『こころの橋 - 詩と小品』『愛と別れについて』『近代文学と仏教』(共著)『悲の思想 文学にみる生老病死』『木下恵介の世界 愛の痛みの美学』『東山魁夷を語る』(共著)など。

オンライン書店で見る