花火の見えた家

創文社オンデマンド叢書
ハナビノミエタイエ
  • 電子のみ
花火の見えた家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

© 

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • 目次
  • 僕の古い家
  • 陽のあたる縁先
  • 花火の見えた家
  • 木洩れ日
  • たんぽぽの咲く芝生
  • 古風な洋館
  • 父を失った家
  • 満点星
  • 田舎ずまい
  • 蛍のあかり
  • 夏草の匂う頃
  • 田園生活
  • 都会に近く
  • 僕の新しい家
  • 雀の引越
  • 泊り客
  • 隣り
  • 新しい秋
  • あとがき

製品情報

製品名 花火の見えた家
著者名 著:串田 孫一

著者紹介

著:串田 孫一(クシダ マゴイチ)

1915~2005年。詩人、哲学者、随筆家。東京帝国大学文学部哲学科卒。上智大学、東京外国語大学で教鞭を執る。著作は、詩集のみならず、人生論、哲学書、画集、小説、翻訳など多岐にわたっている。創文社の山岳雑誌『アルプ』の責任編集者も務めた。
著作には、『漂泊』『音楽帖 詩集』『南京玉の指輪『光と翳の領域 随想集』『文房具』『自然の断章』などがあり、100冊をゆうに超える。主著は、詩集『羊飼の時計』、随筆集『山のパンセ』など。

オンライン書店で見る