慈恵医大病院栄養士の50歳からの「栄養を捨てない」食べ方 老けない! 病気にならない! 太らない!

ジケイイダイビョウインエイヨウシノ50サイカラノエイヨウヲステナイタベカタフケナイビョウキニナラナイフトラナイ
  • 電子あり
慈恵医大病院栄養士の50歳からの「栄養を捨てない」食べ方 老けない! 病気にならない! 太らない!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

50代の健康の指針になるキーワードは血管、筋肉、骨、肌、腸内環境の5つ。これらを栄養の力で強化するために、何を、どう食べるか。栄養のプロが知識と経験と科学に基づきズバリ回答します。
 
ビタミンやたんぱく質といった栄養素ごとではなく、納豆や卵といった食材、食品ごとに紹介しますので、選ぶべき食事が一目瞭然でわかります。

例えば、その食材、食品が持つ栄養素が体内で最大の効果を発揮するのは、「納豆は粒よりひきわり」「味噌汁は沸騰させない」「生卵より温泉卵」。日ごろ食卓に並ぶ食事を少し意識するだけで、「最大の栄養=健康な体」を手にすることができるのです。

家庭での料理のほか、スーパーやコンビニの惣菜といった中食から、レストランでの外食まで。現代のさまざまな食生活の場面で使える情報も満載です。

若い頃とは違う体の変化を感じるようになる50代には、その年代に合った栄養の摂り方が大切です。人生100年。そのうちどれだけ長く健康寿命を延ばせるか、毎日のごはんの果たす役割は大きいもの。しっかりとした知識を得て、おいしく健康な日々を過ごしたいところです。

【主な内容】

・50歳からでも間に合う!死ぬまで健康を目指す食べ方の基礎知識
・50代は「血管・筋肉・骨・肌・腸内環境」の5つのキーワードに絞って体の強化を!
・肥満やメタボを解消して生活習慣病を寄せつけない
・毎日食べているものが体をつくる
 正しい食事=健やかな体
・50代からの体と栄養 まとめの5ヵ条

●食べることを無駄にしない 毎日の食品と食べ方
納豆/みそ/豆腐/肉類/魚介類/たまご/ヨーグルト/ごはん/パン/麺類/野菜/きのこ/海藻/くだもの/飲み物/アルコール/油脂/酢
・腸の老化を防ぐ!発酵食品の力
・50代の食養生 こんなときにはアレ食べる
・1日10粒で老化を予防! ナッツ類の栄養に注目
・すぐに実践したい!コンビニ食品を上手に使う方法
・調味料の賢い使い方&減塩のコツ
・塩分はとればとるほど病気リスクを高める

©Kodansha

製品情報

製品名 慈恵医大病院栄養士の50歳からの「栄養を捨てない」食べ方 老けない! 病気にならない! 太らない!
著者名 著:濱 裕宣 著:赤石 定典
発売日 2020年12月17日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-521804-4
判型 A5
ページ数 144ページ
シリーズ The New Fifties

著者紹介

著:濱 裕宣(ハマ ヒロノブ)

濱裕宣(はま・ひろのぶ)
東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部課長。健康と栄養バランスを大事に、日常生活のなかで活かせる食事ノウハウの普及を目指し、患者の立場に立った食生活向上指導にあたっている。同栄養部の赤石定典と共に、大ヒットの栄養本『その調理、9割の栄養捨ててます!』『栄養まるごと10割レシピ!』(共に世界文化社)や、レシピ本『慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ』(出版文化社)など多数の栄養、健康レシピ本にかかわる。

著:赤石 定典(アカイシ サダノリ)

赤石定典(あかいし・さだのり)
東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部係長。『その調理、9割の栄養捨ててます!』『栄養まるごと10割レシピ!』(共に世界文化社)、『慈恵大学病院のおいしい大麦レシピ』(出版文化社)など多数の栄養、健康レシピ本の監修でプロジェクトリーダーを務め、また、栄養と健康の最新知識を研究している。栄養食事指導による病態改善・治療・治癒への貢献を目指し、テレビ、新聞などメディアへの登場も多数。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る