「「治る」ことをあきらめる 「死に方上手」のすすめ」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 特集・レビュー
「治る」ことをあきらめる 「死に方上手」のすすめ

50万部を超えるベストセラー『大往生したけりゃ医療とかかわるな 自然死のすすめ』の著者、現役の医師・中村仁一先生が「これが自分の最後の著作」と明言した、まさしく「ラスト・メッセージ」! 

20年前に書いた『老いと死から逃げない生き方』を、大幅加筆のうえ、書き下ろし。2013年のいまだからこそ、より深刻でより切実な問題となっている「老い」と「死」について、老人ホームの医師という視点から鋭く切り込みます。

「わたしは死ぬならがんで死にたい」
「治らない病気を治る気にならない」
「薬、検査、治療に期待するな、医者もかかわるな」
「在宅死のためにしなければいけないこと覚悟」
「胃瘻なんかやるものじゃない」
など、現代医療に疑問をもつ発言多数で、それが
今の時代、腑に落ちる……潮目は変わってきたのです。

「死に方」は「生き方」、死ぬまでに充実した人生を送るにはどうしたらよいか、この本がその答えを与えてくれます。