40歳からの元気食「何を食べないか」-10分間体内革命

講談社+α新書
ヨンジュッサイカラノゲンキショクナニヲタベナイカジュップンカンタイナイカクメイ
  • 電子あり
40歳からの元気食「何を食べないか」-10分間体内革命
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

手間なし、簡単、続けられる!
「生活習慣病」防止食!!

朝の「パン」をやめて「おにぎり」にする。忙しい時の夕食は「バナナ」と「甘栗」で十分。無理して「野菜」をとらなくていい。『粗食のすすめ』の著者がおくる新時代の食べ方指南書。

●夜7時以降の食事は夕食ではない
●缶コーヒーの危険な「点滴」
●「一日30品目」という愚
●減塩運動の誤り
●おにぎり屋さんを賢く活用しよう
●寿司こそ女性の体を守る防波堤
●夕方はバナナや甘栗などを
●乳がん患者は8割がパン食
●未精製の米を食べよう
●胃袋の休息が心のやすらぎに

私は、食生活を再構築すれば、40代はいまからでも十分やり直せると信じています。まだ間に合います。加齢、仕事のストレス、家庭の問題、運動不足……40代にはさまざまなリスクが迫っています。その中でいちばんの「リスク」は食生活なのです。食生活さえ改善すれば、たいていの問題はクリアできます。なぜなら、食生活がいい方向に向かえば、体が変わるからです。
日本人の死因の第1位、3割にもおよぶ「がん」。がんは漢字で「癌」と書きます。3つの口で山ほど食べる、こうしてなるのがこの病気なのだ、と私は患者さんに説明しています。日本人はいま、その長い歴史の中で、初めて食べすぎの時代を迎えているのです。ですから、何を食べないか、どれだけ食べないか、どれだけ種類を減らすか。そういう意識改革が必要なのです。

目次

  • 序章 いま「なにを食べないか」の視点が必要だ
  • 第1章 40代に忍び寄る食の危機
  • 第2章 ベストよりベターを目指せ
  • 第3章 働く40代が絶対元気になる食生活
  • 第4章 食生活の発想転換で病から体を守れ
  • 第5章 心の栄養、胃袋の休養
  • 終章 あなたでもいますぐ変われる!

製品情報

製品名 40歳からの元気食「何を食べないか」-10分間体内革命
著者名 著:幕内 秀夫
発売日 2002年12月19日
価格 定価:858円(本体780円)
ISBN 978-4-06-272171-4
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る