冬の時代の管理職

講談社文庫
フユノジダイノカンリショク
著:江坂 彰 解説:早瀬 圭一 装丁:プラスM
  • 電子あり
冬の時代の管理職
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

サラリ-マン社会にいま何が起こっているのか? あらゆるサラリ-マンにとって今ほど生きるのにつらい時代が他にあっただろうか? 配転パニック、昇進うつ病、燃えつき症候群、部下恐怖症……企業社会の「野戦病院」には、病み傷ついた中高年サラリーマンがゴロゴロしている。管理職の3割は余っているといわれ、高齢化社会の到来と団塊の世代の激しいつき上げにあって、中高年サラリーマン総くずれ現象が起きている。大きな仕事のチャンスは減り、中高年ははき出される……。敗者復活のない冬の時代をリアルに描いた、心を打つ話題の作品。

製品情報

製品名 冬の時代の管理職
著者名 著:江坂 彰 解説:早瀬 圭一 装丁:プラスM
発売日 1987年10月15日
価格 定価:370円(本体336円)
ISBN 978-4-06-184081-2
判型 A6
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る