「道路独裁 官僚支配はどこまで続くか」既刊・関連作品一覧

道路独裁 官僚支配はどこまで続くか

民主党にも道路族がいる!
「道路」を突破口に、官僚支配の本当の恐怖、改革ができない本当の理由を、まざまざと描き出した傑作誕生。

「1000円高速」にも「高速無料化」にもダマされるな! 甘い需要予測で不採算道路を日本中に建設し、「民営化」を偽装して権力拡大を続ける国交省と道路族議員。自民党的権力の源泉「土建王国」を民主党は壊せるか? 「小泉改革」の民営化論議をリアルタイムで追い、国交省と道路公団の内部資料に新たな光を当てたジャーナリストが告発する、驚くべき権力構造の実態。

道路建設を求める「政官業」の構造は、地方のすみずみまで重層的につくりあげられ、からみあった糸のようになっている。ある特定の人物が「道路」を絶対的に制しているわけではない。その権力構造は闇につつまれ、「聖域」となり、手を突っ込もうとしてもはね返されてきた。「道路」という存在そのものが「権力」となり、日本を「独裁」しているのだ。
「自民党的なもの」と「官僚支配」に変革が求められたのは、今回の政権交代が初めてではない。1993年の細川政権、そして2001年の小泉政権の発足は、いずれもその打破を期待されたものだった。しかし、8年ごとに風を吹かせた国民の期待は、失望に変わった。道路公団や道路特定財源は20年前から「改革」が叫ばれ、両政権も取り組もうとしたが、改革は葬り去られた。
もう同じ過ちを繰り返してはならない。「道路独裁」を生んだ「自民党的なこの国のかたち」を民主党は壊せるのか。それが今、問われている。――<本書より>