次のテクノロジーで世界はどう変わるのか

講談社現代新書
ツギノテクノロジーデセカイハドウカワルノカ
  • 電子あり
次のテクノロジーで世界はどう変わるのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新世界はAI+5G+クラウドの3角形(トライアングル)で激変する
理学修士+38歳ベンチャー投資家にして元グーグル+京大特任准教授がわかりやすく描く
これから必須の「テクノロジー基礎教養」

米国での金融機関勤務、グーグルを経て、現在は起業家の支援と投資を行う著者は、「テクノロジー」と「投資(ビジネス)」の両面に精通している、日本でも稀有な人材と言えるでしょう。
その山本氏が、「近未来に主流となるテクノロジー」という視点から、専門家向けではなく、平易な言葉で書き下ろした1冊です。

これからの企業・世界はテクノロジーが主役の座を占めます。つまり、テクノロジーによって土台が築かれ、その上ですべての企業が活動するような状態が加速する、まったく新しい世界が出現します。

●近未来の企業・世界はどのような形となるのか
●テクノロジーの根本を理解するカギ「トライアングル」とは?
●FAANG+M(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグル、マイクロソフト)はなぜ強いのか?
●世界を変える、近未来の7つのメガトレンドとは?
●これから基幹となる、主流を占めるテクノロジーとは?

これらの大枠を2時間で知ることのできる、まさに近未来のテクノロジーを知るための格好の入門書です。

ちなみに筆者が言う7つのメガトレンドとは下記のとおりです。
企業や世界は、このような形に必ず変化していくと主張しています。

メガテクノロジーが引き起こす7つの大変化
データがすべての価値の源泉となる
あらゆる企業がサービス業になる
すべてのデバイスが「箱」になる
大企業の優位性が失われる
収益はどこから得てもOKで、業界の壁が消える
職種という概念がなくなる
従来の経済理論が進化した新理論が誕生する

あなたは、これらが持つ本当の意味を理解していますか?

目次

  • はじめに 
  • 序章 近未来に必ず起こる七つの大変化
  • 1章 テクノロジーとビジネスの交差点
  • 2章 基幹テクノロジーの進化史
  • 3章 近未来を創るメガ・テクノロジー1 人工知能――データを使って認識・判断する
  • 4章  近未来を創るメガテクノロジー2 5G・クラウド・ブロックチェーン
  • 終章 テクノロジーの進化を見定める

製品情報

製品名 次のテクノロジーで世界はどう変わるのか
著者名 著:山本 康正
発売日 2020年01月15日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-517592-7
通巻番号 2558
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:山本 康正(ヤマモト ヤスマサ)

1981年、大阪府生まれ。東京大学修士号取得後、米ニューヨークの金融機関に就職。ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。卒業後グーグルに入社し、フィンテックや人工知能(AI)ほかで日本企業のデジタル活用を推進。ハーバード大学客員研究員。日米のリーダーシッププログラム 「US-Japan Leadership program」フェローなどを経て、2018年よりdnx ventures インダストリーパートナー。京都大学特任准教授。早稲田大学ビジネススクール招聘研究員。

オンライン書店で見る