サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門

講談社+α新書
サラリーマンハ300マンエンデチイサナカイシャヲカイナサイジンセイ100ネンジダイノコジンエムアンドエーニュウモン
  • 電子あり
サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

堀江貴文さん推薦!「終身雇用は現代の奴隷制度」

 ネットメディア「現代ビジネス」に「飲食店経営に手を出したら、その先には『地獄』が待っている」「60過ぎたら、退職金で会社を買いなさい」などをアップ、累計500万超のPVという記録を打ち立てた話題の記事の書籍化です。
 サラリーマンには定年・早期退職後、飲食業を始める夢を描く人がたくさんいます。しかし、それは「地獄への道」。廃業率は20%で全業種トップ。実際には素人では勝てない世界。一方で、起業を考える人もたくさんいます。こちらも「地獄」。日本で起業して10年後に残っている会社はわずか5%。
 著者の三戸さんは言います。業界大手企業でマネジメント経験があるなら、会社を買って社長になったほうが遥かにいい、と。黒字経営であるにもかかわらず、後継者不在のために休廃業する優良中小企業はたくさんあります。事実、中小企業380万社の約7割で後継者がおらず、中には株式1円でもいいから譲りたいと考えているところも。
 在職時同様30~50人規模のチームを率いて、今度はサラリーマンではなく社長として力量を発揮し、役員報酬を得て、最後は会社を売却してキャピタルゲインを手にする。雇われる人生を脱して、資本家になる。
 中小企業が後継者不足で事業承継に悩む「大廃業時代」は、本当はサラリーマンの「期間限定」の大チャンス。本書は、人生を変える「あかるい資本家講座」です。

目次

  • 序 章 「人生100年時代」は資本家になりなさい
  • 第1章 だから、起業はやめておきなさい
  • 第2章 飲食店経営に手を出したら「地獄」が待っている
  • 第3章 中小企業を個人買収せよ
  • 第4章 100万の中小企業が後継社長を探している!
  • 第5章 「大廃業時代」はサラリーマンの大チャンス

製品情報

製品名 サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門
著者名 著:三戸 政和
発売日 2018年04月20日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-291518-2
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:三戸 政和(ミト マサカズ)

株式会社日本創生投資代表取締役CEO。1978年兵庫県生まれ。同志社大学卒業後、2005年ソフトバンク・インベストメント(現SBIインベストメント)入社。ベンチャーキャピタリストとして日本やシンガポール、インドのファンドを担当し、ベンチャー投資や投資先にてM&A戦略、株式公開支援などを行う。2011年兵庫県議会議員に当選し、行政改革を推進。2014年地元の加古川市長選挙に出馬するも落選。2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行っている。また、事業再生支援を行う株式会社中小事業活性の代表取締役副社長を務め、コンサルティング業務も行っている。

オンライン書店で見る