2枚目の名刺 未来を変える働き方

講談社+α新書
2マイメノメイシミライヲカエルハタラキカタ
  • 電子あり
2枚目の名刺 未来を変える働き方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

創発的イノベーションは「名刺」から始める!

ビジネスシーンにおいて、「2枚目の名刺」を持つビジネスパーソンが増えてきました。
「副業」や「趣味」のようなことだけではなく、プロボノ(コンサルタントや弁護士のような専門家が
知識やスキルを活かして社会貢献するボランティア活動)参加したり、NPOを立ち上げたり参加したりして、
それを本業に活かしたり、仲間を増やしたりして、充実した毎日を送っているのです。

この本では、「2枚目の名刺」という
新しい「働き方」のすすめを具体的な方法とともに紹介し、
「選択肢の多い人生」を提唱します。

著者は、日本のイノベーション研究の第一人者であると共に
六本木アカデミーヒルズで「日本元気塾」というイノベーターを養成するプログラムの
塾長を務め、現在、注目されている若きアントレプレナーを多数輩出しています。

目次

  • 第1章  なぜいま「2枚目の名刺」なのか?
  • 「寄り道」のすすめ/マッキンゼーに「寄り道」した男/「留職」という2枚目の名刺/「2枚目の名刺」をつくるところからはじめる/「2枚目の名刺」は会社の仕事にもプラスになる/会社ルールの自由度が活性化のカギ
  • 第2章 自分の立ち位置を決める
  • 生産性をあげよう/全体像を見せる。語る/会社と個人の互恵関係
  • 「金儲け」を侮るな/人口動態を見誤らない/バブルも人口動態の上に出現した/内向き志向のはじまり/成長しているところへ行こう
  • 財政破綻とソーシャル・ビジネス/なぜ2枚目の名刺が役立つのか
  • NPOで利益を上げよう/2枚目の名刺と大学院・生涯教育の利用
  • /分かっている会社は認め始めている「2枚目の名刺」
  • 第3章 2枚目の名刺実用編
  • 僕の「2枚目の名刺」/元気塾を取り巻く「2枚目の名刺」たち/「暗黙知」がイノベーションの本質/日本元気塾の講師、藤巻幸大の「2枚目の名刺」/山海嘉之 スーパー科学者/服部匡志 「医は仁術」が「2枚目の名刺」/「自分の心が死ぬ前に」/ある医師の心ない言葉に奮起/ジャパンハートという取り組み/新しい名刺で活躍するプラットフォーム作り/「これからの日本をよろしく」/1枚目の名刺だけにすがらない
  • 第4章 身近な「2枚目の名刺ホルダー」たちの挑戦
  • 蛭間芳樹「働く環境に自己対応する」
  • 南部亜紀子「ハッピーデーを立ち上げろ」
  • 遠藤謙「新しいエンジニア像」
  • 功能聡子「2枚目の名刺ホルダーを活かす場を創る」
  • 第5章 「2枚目の名刺」を使いこなす10の方法
  • 1.まずは「2枚目の名刺」を持ってみる
  • 2.月並みだが大事なのは「志」
  • 3.「スキル」とプロフェッショナリズム
  • 4.時々「チェンジ・オブ・ペース」
  • 5.1枚目の名刺でポジションを築く
  • 6.2枚目の名刺は社内でもつくれる
  • 7.2枚目の名刺の中心は時間のマネジメント
  • 8.ソーシャルメディアを有効活用する
  • 9.「2枚目の名刺」はいくつからでも遅くない!
  • 10.清く貧しい活動が正しいわけではない

製品情報

製品名 2枚目の名刺 未来を変える働き方
著者名 著:米倉誠一郎
発売日 2015年05月20日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272899-7
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 2枚目の名刺 未来を変える働き方
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:米倉誠一郎(ヨネクラセイイチロウ)

1953年東京生まれ。アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。
2012年~2014年はプレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務。現在、一橋大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長をも務める。
また、2001年より『一橋ビジネスレビュー』編集委員長を兼任している。イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。
著書は、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、
『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』など多数。

オンライン書店で見る