ベルクソンの哲学 生成する実在の肯定

講談社学術文庫
ベルクソンノテツガクセイセイスルジツザイノコウテイ
  • 電子あり
ベルクソンの哲学 生成する実在の肯定
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「生の哲学」を提唱しノーベル文学賞を受賞した、フランスを代表する哲学者、アンリ・ベルクソン(1859-1941年)。彼は、伝統的な哲学を根本的に批判し、転覆させた特異な存在です。
その影響は、20世紀の名だたる哲学者たち、ハイデガー、ウィリアム・ジェームズ、サルトル、レヴィナス、メルロ=ポンティ、デリダ、西田幾多郎など、多方面に及びます。そして何より、生成のリアリティーを巡る思考の原理を徹底させ、ベルクソンを蘇らせたのが、ジル・ドゥルーズでした。
本書は、ドゥルーズのすぐれた読解に身を寄せながら、ベルクソンの主著を丹念にたどり、その核心を浮かび上がらせます。同時に、ドゥルーズ自身の哲学の出発点ともなった、斬新で独創的なベルクソン解釈を提示してもいます。
ベルクソンにとって実在とは、持続とは何か。どのようにして、直観によって本質的な差異を見出すのか。他者のない、否定性のない、そして外との弁証法的な統合もない哲学とは、どのようなアイデアなのか。
著者によるベルクソンの現代思想における位置づけ、主要著作を通した整理、これ以上なくクリアで精密な解読は、ベルクソンに取り組もうとする読者にとって、最良のガイドとなるでしょう。解説には、『物質と記憶』の訳者である杉山直樹氏の書き下ろし原稿を収録しました。

[本書の内容]
学術文庫版まえがき
序 論 ベルクソンの哲学とその位置
第一章 連続的で異質的な持続――『試論』について
第二章 知覚の機構と実在する過去――『物質と記憶』について
  1 純粋知覚について
  2 記憶と認識の機制
  3 記憶の即自存在とその心理的な働き
  4 持続の存在論
第三章 分散する一者としての生命――『創造的進化』について
第四章 持続の一元論/結晶と層――ベルクソンの存在論について
あとがき
解説 杉山直樹
ベルクソン関連略年表

製品情報

製品名 ベルクソンの哲学 生成する実在の肯定
著者名 著:檜垣 立哉 解説:杉山 直樹
発売日 2022年05月12日
価格 定価:1,298円(本体1,180円)
ISBN 978-4-06-528156-7
通巻番号 2716
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、2000年に勁草書房より刊行され、書誌情報などを最新版に改訂したものです。

著者紹介

著:檜垣 立哉(ヒガキ タツヤ)

1964年、埼玉県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授。博士(文学)。主な著書に『西田幾多郎の生命哲学』、『子供の哲学』(以上、講談社)ほか。主な訳書に『ベルクソニズム』(共訳、法政大学出版局)ほか。

解説:杉山 直樹(スギヤマ ナオキ)

1964年生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、学習院大学教授。専門は、フランス哲学。著書に『ベルクソン 聴診する経験論』ほか。訳書にベルクソン『物質と記憶』(講談社学術文庫)ほか。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る