スマートな悪 技術と暴力について

文芸(単行本)
スマートナアクギジュツトボウリョクニツイテ
  • 電子あり
スマートな悪 技術と暴力について
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 いま、あなたの周りには、いったいいくつのスマートデバイスが存在するだろうか。もしかしたら、あなたのポケットにはスマートフォンが入っているかも知れない。あるいはあなたの腕にはスマートウォッチが巻かれているかも知れない。スマートスピーカーで音楽を聴き、スマートペンでメモを取っているかもしれない。あなたの家はスマートロックに守られているかも知れない。そんなあなたはスマートシティに住んでいるかも知れない。
 私たちの日常を多くのスマートなものが浸食している。私たちの生活はだんだんと、しかし確実に、全体としてスマート化し始めている。しかし、それはそうであるべきなのだろうか。そのように考えているとき、問われているのは倫理である。本書は、こうしたスマートさの倫理的な含意を考察するものである。
(中略)
 もちろん、社会がスマート化することによって私たちの生活が便利になるのは事実だろう。それによって、これまで放置されてきた社会課題が解決され、人々の豊かな暮らしが実現されるのなら、それは歓迎されるべきことだ。まずこの点を強調しておこう。
 あえて疑問を口にしてみよう。スマートさがそれ自体で望ましいものであるとは限らないのではないか。むしろ、スマートさによってもたらされる不都合な事態、回避されるべき事態、一言で表現するなら、「悪」もまた存在しうるのではないか。そうした悪を覆い隠し、社会全体をスマート化することは、実際にはとても危険なことなのではないか。超スマート社会は本当に人間にとって望ましい世界なのか。その世界は、本当に、人間に対して牙を剥かないのだろうか。
 そうした、スマートさが抱えうるネガティブな側面について、つまり「スマートな悪」について分析することが、本書のテーマだ。
(中略)
……本書は一つの「技術の哲学」として議論されることになる。技術の哲学は二〇世紀の半ばから論じられるようになった現代思想の一つの潮流である。本書は、マルティン・ハイデガー、ハンナ・アーレント、ギュンター・アンダース、イヴァン・イリイチなどの思想を手がかりにしながらも、これまで主題的に論じられてこなかった「スマートさ」という概念を検討することで、日本における技術の哲学の議論に新しい論点を導入したいと考えている。(「はじめに」より)

目次

  •  はじめに
  •  第1章 超スマート社会の倫理
  •  第2章 「スマートさ」の定義
  •  第3章 駆り立てる最適化
  •  第4章 アイヒマンのロジスティクス
  •  第5章 良心の最適化
  •  第6章 「機械」への同調
  •  第7章 満員電車の暴力性
  •  第8章 システムの複数性
  •  第9章 「ガジェット」としての生
  •  おわりに

製品情報

製品名 スマートな悪 技術と暴力について
著者名 著:戸谷 洋志
発売日 2022年03月31日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-527682-2
判型 四六
ページ数 210ページ
初出 「群像」2021年4月号~2022年1月号。書籍化にあたり、大幅に加筆しました。

著者紹介

著:戸谷 洋志(トヤ ヒロシ)

戸谷 洋志(とや・ひろし)
1988 年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業、大阪大学大学院文学研究科文化形態論専攻博士課程満期取得退学。現在、関西外国語大学英語国際学部准教授。博士(文学)。専攻は哲学。現代ドイツ思想を中心にしながら、テクノロジーと社会の関係を研究すると同時に「哲学カフェ」を始めとした哲学の社会的実践にも取り組んでいる。著書に『Jポップで考える哲学――自分を問い直すための15曲』(講談社文庫)、『原子力の哲学』(集英社新書)、『ハンス・ヨナス 未来への責任──やがて来たる子どもたちのための倫理学』(慶應義塾大学出版会)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る