人格の哲学

講談社学術文庫
ペルソナノテツガク
  • 電子あり
人格の哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「人格(ペルソナ)」とは、単にかけがえのない個であるばかりでなく、他者との交わりにおいて存在し、自己を実現する主体である――。
古代以来の神学から現代の哲学までを渉猟。真の「人格」理解を通してあらゆる存在の価値の基礎づけと倫理の構築を目指す、著者畢生の書。
これを知らずして、「人間の尊厳」も「善」も語れない!

[本書の内容]
序論 人格(ペルソナ)について語ることの難しさ
第一章 個人から人格へ――人格の哲学をめざして
第二章 「世俗化」と「人格」概念
第三章 行為と人格
第四章 存在としての人格
第五章 人格の形成
第六章 人格(ペルソナ)の神学的考察

目次

  • 序論 人格(ペルソナ)について語ることの難しさ
  • 第一章 個人から人格へ――人格の哲学をめざして
  • 第二章 「世俗化」と「人格」概念
  • 第三章 行為と人格
  • 第四章 存在としての人格
  • 第五章 人格の形成
  • 第六章 人格(ペルソナ)の神学的考察

製品情報

製品名 人格の哲学
著者名 著:稲垣 良典
発売日 2022年03月10日
価格 定価:1,177円(本体1,070円)
ISBN 978-4-06-527360-9
通巻番号 2708
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本『人格《ペルソナ》の哲学』は、2009年に創文社から刊行されました。

著者紹介

著:稲垣 良典(イナガキ リョウスケ)

1928年生まれ。東京大学文学部卒業。アメリカ・カトリック大学大学院哲学研究科にてPh.D.を取得。文学博士(東京大学)。九州大学名誉教授。専門は中世スコラ哲学。『神学大全』の翻訳で第67回毎日出版文化賞,『トマス・アクィナスの神学』および『トマス・アクィナス 「存在(エッセ)」の形而上学』で第27回和辻哲郎文化賞をそれぞれ受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る