クリティック再建のために

講談社選書メチエ
クリティックサイケンノタメニ
  • 電子あり
クリティック再建のために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書が掲げる「クリティック」は、ふつう「批評」や「批判」という日本語に訳されます。しかし、それらの語では十分に表されない意味が「クリティック」には含まれていることを日本の知的世界は気づかずにきました。その状況を憂える碩学が、これまでの仕事を総括するとともに、将来の知の土台を提供するべく、本書を書き上げました。
「クリティック」とは「物事を判断する場合に何か前提的な吟味を行う」という考え方です。その系譜をたどる道程はホメーロスから開始されます。そこからヘーロドトスとトゥーキュディデースを経てソークラテース、プラトーンに至る古代ギリシャの流れは、キケローやウァッローの古代ローマを経由する形で、一四世紀イタリアのペトラルカ、ヴァッラに至って「人文主義」として開花しました。この流れの根幹にある態度――それは、あるテクストを読み、解釈する前に、それは「正しいテクスト」なのか、そして自分がしているのは「正しい解釈」なのかを問う、というものです。こうした知的態度は古代ギリシャ以来のものであり、のちの者たちはその古代ギリシャ以来の態度に基づいて古代ギリシャのテクストを読み、解釈してきました。そして、それこそがヨーロッパの知的伝統を形作ってきた営みにほかなりません。
この系譜は、近代と呼ばれる時代にデカルトとスピノザによって変奏され、ついには実証主義とロマン主義の分岐を生み出します。その分岐を抱えたまま、現代に至って構造主義と現象学という末裔を出現させました。こうして、古代ギリシャから現代にまで至る流れを「クリティック」を軸にして全面的に書き換えること――そこに浮かび上がる思想史は、まさにその知的伝統から日本が外れているという事実を否応なく突きつけてくるでしょう。この欠如がいかなる現実をもたらしているのか。本書は、現代の危機のありかを暴き、そこから脱出するための道を示して閉じられます。
ここにあるのは、三部作『政治の成立』、『デモクラシーの古典的基礎』、『法存立の歴史的基盤』、日本国憲法を扱う『憲法9条へのカタバシス』、そして話題作『誰のために法は生まれた』など、数々の著作で圧倒的な存在感を示してきた著者からの渾身のメッセージです。

[本書の内容]
第I章 クリティックの起源
1 基礎部分の形成/2 出現/3 混線/4 アンティクアリアニズムのヘゲモニー
第II章 クリティックの展開
1 人文主義/2 ポスト人文主義──クリティックの分裂/3 近代的クリティックの始動/4 近代的クリティックの展開/5 実証主義
第III章 現代の問題状況からクリティック再建へ
1 リチュアリスト/2 社会構造/3 言語/4 現象学/5 パラデイクマの分節/6 構造主義/7 現状の再確認/8 クリティック再建のために

目次

  • まえがき
  • 第I章 クリティックの起源
  •  1 基礎部分の形成
  •  2 出 現
  •  3 混 線
  •  4 アンティクアリアニズムのヘゲモニー
  • 第II章 クリティックの展開
  •  1 人文主義
  •  2 ポスト人文主義──クリティックの分裂
  •  3 近代的クリティックの始動
  •  4 近代的クリティックの展開
  •  5 実証主義
  • 第III章 現代の問題状況からクリティック再建へ
  •  1 リチュアリスト
  •  2 社会構造
  •  3 言 語
  •  4 現象学
  •  5 パラデイクマの分節
  •  6 構造主義
  •  7 現状の再確認
  •  8 クリティック再建のために
  • 文献案内
  • あとがき

製品情報

製品名 クリティック再建のために
著者名 著:木庭 顕
発売日 2022年02月10日
価格 定価:1,815円(本体1,650円)
ISBN 978-4-06-527070-7
通巻番号 759
判型 四六
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:木庭 顕(コバ アキラ)

1951年、東京都生まれ。歴史学者。
主な著書に、『政治の成立』、『デモクラシーの古典的基礎』、『法存立の歴史的基盤』(以上、東京大学出版会)、『憲法9条へのカタバシス』(みすず書房)、『誰のために法は生まれた』(朝日出版社)、『人文主義の系譜』(法政大学出版局)など。主な訳書に、『モミッリャーノ 歴史学を歴史学する』(編訳、みすず書房)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る