はじめてのプラトン 批判と変革の哲学

講談社現代新書
ハジメテノプラトンヒハントヘンカクノテツガク
  • 電子あり
はじめてのプラトン 批判と変革の哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

プラトン哲学の「おもしろくて大切なところ」をあえて一言で表わせば、「批判と変革の哲学」だ、と言いたい。こんなふうに表現すると、プラトンを旧式の左翼の一員に仕立てているように聞こえそうだ。だが、これは特定の政治的立場を表わそうとしたものではない。

「批判」つまりクリティークとは、非難したり否定的な態度をとったりすることではなく、相手とする主張の論拠やそこからの帰結などについてよく考察し、事の是非を判断することを言う。

「変革」も、政治体制だけではなく、日常的な考え方や生活を含む人間の営みの全体がその対象となる。そしてプラトンは「批判と変革」を自身の思考についても実践していた。

これらすべての意味で、「批判と変革の哲学」なのだ。

プラトンは探究し、執筆し、そして教育した。そうしたなかで彼が直面していたのは、森羅万象を支える根本原理は何か、よい生き方とは何か、といった「哲学的」問題だけではない。

当時の人びとに人気を博したホメロスや悲劇・喜劇、あるいは幼年や少年時に施される体育や音楽の教育といった人びとの日常的営みに対してもプラトンは向き合っていた。いやむしろ、そこから哲学を考えていた。そして彼は、日々の暮らしから世界の根源にいたるまでの全体を相手に、批判的に、かつ包括的に考えたのだ。

同時に、そのような考察がたどり着いたところを広く伝えることに腐心した。彼は一般に人びとに何かを伝える媒体(メディア)のあり方にきわめて意識的だったが、とりわけ自分自身の思考が人びとに届くよう工夫を凝らした。

その著作に、それに触れる人びとの知性と感性にも訴え、反省的な思考だけでなく感情や想像力までも喚起し、そしてそれらを変更する力を与えたのである。

それが彼の哲学、「批判と変革の哲学」である。

【本書の内容】
第一章 プラトンはどう書いたのか、プラトンをどう読むか
第二章 プラトン哲学の原点
第三章 自己と他者を変える対話
第四章 魂・徳・知の関係
第五章 変革へと促すイデア論
第六章 魂の分割 『国家』その1
第七章 哲学者と善のイデア 『国家』その2
第八章 プラトン、その後に

知、真理、魂のあり方を徹底的に考え抜いたプラトンが導く、思考の冒険!

製品情報

製品名 はじめてのプラトン 批判と変革の哲学
著者名 著:中畑 正志
発売日 2021年05月19日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-523733-5
通巻番号 2618
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:中畑 正志(ナカハタ マサシ)

一九五七年、長野県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。東京都立大学人文学部助手、九州大学文学部助教授を経て、現在、京都大学大学院文学研究科教授。著書に『魂の変容 心的基礎概念の歴史的構成』(岩波書店、和辻哲郎文化賞受賞)など。また『新版アリストテレス全集』(岩波書店)の編集委員を務める。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る