語りえぬものを語る

講談社学術文庫
カタリエヌモノヲカタル
  • 電子あり
語りえぬものを語る
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

哲学の魅惑!
「相対主義の言わんとするところはまったく正しい。ただ、それは語られえず、示されている。」
相貎論、懐疑論、ウィトゲンシュタインの転回、過去、隠喩、自由――スリリングに展開する著者会心の「哲学的風景」。【解説:古田徹也氏】

●猫は後悔するか
●世の中に「絶対」は絶対ないのか
●霊魂は(あるいは電子は)実在しうるのか
●相対主義はなぜ語りえないのか
●意味はない、しかし相貎はある
●懐疑論にどう答えればよいのか
●私にしか理解できない言葉
●何が語られたことを真にするのか
●自由という相貎
●科学は世界を語り尽くせない
――本書目次より

製品情報

製品名 語りえぬものを語る
著者名 著:野矢 茂樹
発売日 2020年11月12日
価格 定価:1,859円(本体1,690円)
ISBN 978-4-06-521615-6
通巻番号 2637
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2011年に小社から刊行されました。

著者紹介

著:野矢 茂樹(ノヤ シゲキ)

1954年生まれ。現在、立正大学教授。専攻は哲学。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る