哲学の教科書

講談社学術文庫
テツガクノキョウカショ
  • 電子あり
哲学の教科書
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

哲学は何の役にたつのか。哲学の問いとはどんなものか。哲学者とはどのような人々か。そもそも、哲学とは何か。物事を徹底的に疑うことが出発点だという著者は、「哲学とは何でないか」を厳密に規定することで哲学を覆うベールをはぎとり、その本質を明らかにする。平易なことばで哲学そのものを根源的に問いなおす、究極の「哲学・非――入門書」。(講談社学術文庫)


哲学センスゼロ・予備知識ゼロからの自由な心のトレーニング 徹底的な懐疑の世界へ

哲学は何の役にたつのか。哲学の問いとはどんなものか。哲学者とはどのような人々か。そもそも、哲学とは何か。物事を徹底的に疑うことが出発点だという著者は、「哲学とは何でないか」を厳密に規定することで哲学を覆うベールをはぎとり、その本質を明らかにする。平易なことばで哲学そのものを根源的に問いなおす、究極の「哲学・非――入門書」。

目次

  • 第1章 死を忘れるな!(Memento Mori!)
  • 第2章 哲学とは何でないか
  • 第3章 哲学の問いとはいかなるものか
  • 第4章 哲学は何の役にたつか
  • 第5章 哲学者とはどのような種族か
  • 第6章 なぜ西洋哲学を学ぶのか
  • 第7章 なぜ哲学書は難しいのか

製品情報

製品名 哲学の教科書
著者名 著:中島 義道
発売日 2001年04月10日
価格 定価:1,287円(本体1,170円)
ISBN 978-4-06-159481-4
通巻番号 1481
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’95年、講談社より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る