西洋哲学史

講談社学術文庫
セイヨウテツガクシ
西洋哲学史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

哲学の勉強に、なぜ西洋哲学史全般の知識が必要なのでしょうか。哲学も学問である以上、勉強の仕方というものがあり、少なくとも哲学で使う概念がどのようなものかを、哲学者たちに教わる必要があります。本書は、一冊で完結する西洋哲学通史として、重要な哲学者の、それも必要不可欠と思われる考えに絞り、古代・中世・近世・近代・現代の区分に従って問題の展開が論理的に理解できるよう書かれています。(著書「まえがき」より)

目次

  • 1 古代前期
  •   1.古代ギリシアこそ西洋哲学の源泉
  •   2.ソークラテース以前の哲学
  •   3.「汝自らを知れ」
  •      ――ソークラテースを中心とする対話篇
  •   4.魂が神の国で見ていたこと――対話篇「メノーン」
  •   5.偉大なことは狂気によってのみ生ずる
  •      ――プラトーンの書物のなかから
  •   6.哲学の原型をつくろうと努力した哲人たち
  • 2 古代後期
  •   1.実体といわれるのもは何か
  •      ――アリストテレースの特色
  •   2.実践哲学とその学派――ヘレニズム前期
  •   3.宗教哲学と4人の学者――ヘレニズム後期
  • 3 中世
  •   1.中世は暗黒であったか
  •   2.ダイナミックな時代としての中世
  •   3.教父の時代――理論的に教会を守った人
  •   4.ニッサのグレゴーリオス――ギリシア教父
  •   5.アウグスティーヌス――ラテン教父
  •   6.大学の問題――中世の偉大な制度とアベラール
  •   7.トマス・アクィナス――中世最大の大学的な哲学者
  •   8.個について考えた人びと――スコトゥスほか
  • 4 近世
  •   1.ヒューマニズムの時代
  •   2.フィレンツェのプラトーン・アカデーミア
  •   3.自然科学の中心地・パドワ
  •   4.16世紀のヒューマニズム
  •   5.17世紀の哲学(1)
  •      ――デカルト、ホッブス、パスカル、スピノーザ
  •   6.17世紀の哲学(2)
  •      ――ライプニッツ、ロック、バークリー、ヒューム
  • 5 近代
  •   1.大陸合理論と英国経験論の統合
  •      ――ルソーとコンディヤックの思考実験
  •   2.近世哲学を近代につないだ哲学者カント
  •   3.カントの三批判書
  •      ――『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』
  •   4.ドイツ観念論――フィヒテ、シェリング、ヘーゲル
  •   5.人間への志向回帰――シェリング、キェルケゴール、フォイエルバッハ、ヴィーコ、ニイチェ
  • 6 現代
  •   1.20世紀初頭の哲学
  •   2

製品情報

製品名 西洋哲学史
著者名 著:今道 友信
発売日 1987年04月28日
価格 定価 : 本体1,260円(税別)
ISBN 978-4-06-158787-8
通巻番号 787
判型 A6
ページ数 349ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス