ミシェル・フーコー [増補改訂]

講談社学術文庫
ミシェルフーコーゾウホカイテイ
  • 電子あり
ミシェル・フーコー [増補改訂]
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界について、人間について展開されてきた西欧の思考空間には限界があったのか。表象への傾き、理性との間合いの取り方など、人間の思考に掛けられたそれらの「鍵」をフーコーはどうやって解こうとしたのか。歴史の言説分析から「合理性」の型の多様さを描き出し、思考の臨界点に挑んだ「知の考古学者」が到達した地点とは? 旧版に付して長大な序文を書き下ろした、著者渾身のフーコー論。

©Ryuzo Uchida

目次

  • 序 文 ある知識人の肖像
  • 序 章 本論のための道先案内
  • 第一章 フーコーの望遠鏡
  • 第二章 変貌するエピステーメー
  • 第三章 外の思考
  • 第四章 権力と主体の問題

製品情報

製品名 ミシェル・フーコー [増補改訂]
著者名 著:内田 隆三
発売日 2020年06月11日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-519898-8
通巻番号 2615
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 「ミシェル・フーコー」(講談社現代新書、1990年刊)を原本として修正を加え、新たに「序文」を書き下ろした。

著者紹介

著:内田 隆三(ウチダ リュウゾウ)

1949年生まれ。東京大学名誉教授。専攻は社会理論、現代社会論。
著書に『消費社会と権力』『さまざまな貧と富』『探偵小説の社会学』『ベースボールの夢』『ロジャー・アクロイドはなぜ殺される? 言語と運命の社会学』(岩波書店)、『柳田国男と事件の記録』『乱歩と正史 人はなぜ死の夢を見るのか』(講談社)、『国土論』『社会学を学ぶ』(筑摩書房)など多数。
編著に『現代社会と人間への問い』(せりか書房)などがある。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

書店在庫を見る

オンライン書店で見る