デカルト形而上学の成立

講談社学術文庫
デカルトケイジジョウガクノセイリツ
  • 電子あり
デカルト形而上学の成立
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「私はあり、私は実在する」という認識は、「すべての認識のうちで最も確実で最も明証的」である。――近代哲学の父ともいわれるデカルトのこの哲学とは、いったい何なのか。神の存在証明とは? 書簡・小篇から主著『省察』まで、細密に読み解き、デカルトの形而上学が成立した道筋を詳細に辿り、その本質を「観念(イデア)」論としてとらえた画期的力作! (講談社学術文庫)


「私は実在する」とはどういうことか。神が存在するとは?
四つの書簡から、「方法序説」『省察』まで、精緻に読み抜いた「これこそがデカルト」!

「私はあり、私は実在する」という認識は、「すべての認識のうちで最も確実で最も明証的」である。
――近代哲学の父ともいわれるデカルトのこの哲学とは、いったい何なのか。神の存在証明とは? 書簡・小篇から主著『省察』まで、細密に読み解き、デカルトの形而上学が成立した道筋を詳細に辿り、その本質を「観念(イデア)」論としてとらえた画期的力作!

「私」は間違えたことがある。疑いの道の始まりにはこのことがある。真であるか、偽であるかわからないから疑う。知らないから疑う。知らないと知っているわけではない。疑うことをとおして、疑うことの理由を見出すことをとおして、なぜ知らないのかわかる。「私はあり、私は実在する」。これはどのようにしても、どこからみても疑いえぬ立言である。疑うことは「思うこと」である。疑いつつ疑いえぬとわかる。「私は思うものである」。このことは揺るがない。確実である。しかし、知識として確実であるということとは異なる。――<本書より>

※本書の原本は、1990年、勁草書房より刊行されました。

目次

  • 第二版序文
  • 読者への序言
  • 第I部 先入見の排除
  •  第一章 「形而上学の小篇」と「永遠真理創造説」
  •   第一節 一六二九年と一六三〇年のデカルト思索史上の位置
  •   第二節 三〇年の四つの書簡の検討
  •  第二章 三〇年の永遠真理と形而上学
  •   第一節 永遠真理についての三〇年の思索の核心
  •   第二節 「形而上学の小篇」と「永遠真理」と自然学
  • 第II部 感覚から観念へ
  •    序論 「観念」への歩み
  •  第一章 『宇宙論』における「観念」
  •   第一節 「光論」と『規則論』との非連続性
  •   第二節 「人間論」について
  •   第三節 「人間論」における「観念」
  •  第二章 「屈折光学」における「観念」
  •   第一節 類似性の否定
  •   第二節 類似性からの解放
  •   第三節 「観念」と「感覚」
  •  第三章 「方法序説」「第四部」における「観念」説
  •   序論 「第四部」の構成
  •   第一節 疑い
  •   第二節 心についての認識
  •   第三節 一般規則
  • 第III部 形而上学の成立
  •  序 論 『省察』について
  •  第一章 疑いの道
  •   第一節 「第一省察」の構図
  •   第二節 疑いの始まりと疑うということ
  •   第三節 感覚的意見への疑い
  •  第二章 人間精神について
  •   第一節 「私」の「あること」と「実在すること」
  •   第二節 「私」の「何であるか」
  •   第三節 自己知から想像力を切り離すこと
  •  第三章 形而上学の立論
  •   第一節 何処から何処へ
  •   第二節 観念の第一の途
  •   第三節 観念の第二の途
  •  第四章 真と偽の成り立ち
  •   序論 「第四省察」を巡る先入見的思い込みの排除
  •   第一節 多くのこととごく僅かなこと
  •   第二節 いっそう私へと
  •   第三節 私の誤りは何処から生じるのか
  •  第五章「観念」論としての形而上学
  •   第一節 「第一哲学」と「形而上学」
  •   第二節 「観念」論の意義
  •   第三節 無限なるもの
  • 引用文献一覧
  • あとがき

製品情報

製品名 デカルト形而上学の成立
著者名 著:村上 勝三
発売日 2012年10月12日
価格 定価:1,265円(本体1,150円)
ISBN 978-4-06-292136-7
通巻番号 2136
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1990年、勁草書房より刊行されたもの。

著者紹介

著:村上 勝三(ムラカミ カツゾ)

1944年生まれ。東京大学哲学科卒。現在、東洋大学教授。専攻は哲学。とくにデカルト研究は高く評価されている。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る