プロティノス「美について」

講談社学術文庫
プロティノスビニツイテ
  • 電子あり
プロティノス「美について」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新プラトン主義の祖、イデアを体系化した哲学者が語る善=一者と美の関係
三世紀、プラトンの正統的理解者を自任し、イデアの体系化をしたプロティノスは、美を、善をどのように捉えていたのか。眼が太陽に似ていなければ眼は太陽を見ることができない、美は外からやってきて魂を外に引き出す、など美の形而上学を展開、善=一者と魂との関係を究明して後代の哲学に影響を与えた「新プラトン主義の祖」の名品三篇を訳出。

製品情報

製品名 プロティノス「美について」
著者名 訳:斎藤 忍随 訳:左近司 祥子
発売日 2009年11月12日
価格 定価:924円(本体840円)
ISBN 978-4-06-291971-5
通巻番号 1971
判型 A6
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る