クヌギ林の妖怪たち ー童話作家・富安陽子の世界ー

クヌギバヤシノヨウカイタチドウワサッカトミヤスヨウコノセカイ
  • 電子あり
クヌギ林の妖怪たち ー童話作家・富安陽子の世界ー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幽霊の存在については、それを肯定する人はいる。
では、妖怪は? 妖怪がほんとうにいると思っている人がどれくらいいるだろうか? しかも、おとなで!
ひょっとして、富安陽子は、そういう数少ないおとなのひとりではないか、と私は感じていたのだ。
インタビューなら、気がゆるんで、富安陽子の本音が出るのではないかと、私はそう思ったのだ。
そうしたら……。
ー巻末対談「インタビューの前に」より

『ルドルフとイッパイアッテナ』著者・斉藤洋の視点から、富安陽子の妖怪世界が人々を惹きつける理由を解き明かす!
サンドウィッチマンのコント『村に住む男』や任天堂Switch『あつまれどうぶつの森』など、さまざまな人気コンテンツに触れながら、富安陽子の妖(あやかし)ファンタジーとの共通項を見出し、丁寧に読み解く一冊。
巻末には児童文学界の巨匠、富安陽子・斉藤洋による豪華対談付き!

目次

はじめに
1 日常と非日常の対峙
2 緩衝地帯
3 妖怪たち
4 不穏
5 非日常の日常化
6 魑魅魍魎妖怪跋扈の世界
7 人間観
8 人外ではない魔境
9 よけいなこと
10 竜の飛行
11 迷信
12 世界の重層的構造
おわりに

対談 富安陽子・斉藤洋

製品情報

製品名 クヌギ林の妖怪たち ー童話作家・富安陽子の世界ー
著者名 作:斉藤 洋
発売日 2021年06月17日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-523543-0
判型 四六
ページ数 178ページ

著者紹介

作:斉藤 洋(サイトウ ヒロシ)

1952年、東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。「どうわがいっぱい」シリーズの作品に、「ペンギン」シリーズ、「おばけずかん」シリーズなどがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る