「世界の読者に伝えるということ」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
世界の読者に伝えるということ

日本文化が世界で人気があると聞くとうれしい。コンテンツ輸出も重要だ。ただ、日本文化の発信にあたって、いま求められているのは、「日本発の文化を、日本以外の世界の読者の視点から見てみる」ことではないだろうか?  アメリカで森鴎外を学び、大学で教えた経験も持つ著者が、文学と批評を例にして、比較文学と地域研究というふたつのアプローチを通して考える。 【目次】 序章 「世界の読者」の視点 第1部 ひとつめのレンズ 比較文学篇――世界文学としての日本文学 第1章 アメリカで学んだ、日本文学の大切なこと 第2章 「世界の読者」から読みかえる村上春樹 第3章 「世界文学」という読みかた 第4章 海外の大学から見る「日本文学の発信」 第2部 ふたつめのレンズ 地域研究篇――日本研究からみる日本文化・ポピュラーカルチャー・現代日本の批評 第5章 日本研究という視点 第6章 日本研究で「日本らしさ」を語ることのむずかしさ 第7章 日本のポピュラーカルチャーを研究する 第8章 海外の日本研究から読む、現代日本の批評 終章 すべての文化は「世界の財産」である