中国の歴史12 日本にとって中国とは何か

講談社学術文庫
チュウゴクノレキシ12ニホンニトッテチュウゴクトハナニカ
著:尾形 勇 著:鶴間 和幸 著:上田 信 著:礪波 護 著:王 勇 著:葛 剣雄
  • 電子あり
中国の歴史12 日本にとって中国とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本にとって、長く圧倒的な超大国であり続けた中国の歴史から、何を学ぶか。6人の研究者が論じる、シリーズ最終巻。
第一章 大自然に立ち向かって(尾形勇)・・・北と南、黄土・砂漠・湖沼など、大きく異なる多様な風土と、人口の変遷から歴史の舞台を見つめ直し、中国史の特質を整理・考察する。
第二章 中国文明論(鶴間和幸)・・・いくつもの「小さな中国」が競合し、「大きな中国」が形成された。食、言葉、服飾などの諸相からみる「多元一体の中華」「アジアの中の中国文明」。
第三章 中国人の歴史意識(上田信)・・・漢族が子どもに最初に教える秩序とは。祖先をめぐるチベット族のタブーとは。歴史をさかのぼることで「中国人」として育つ文化のシステム。
第四章 世界史の中の中国(葛剣雄・大川裕子訳)・・・清朝末期、外部からの圧力に押され、中国は「幻想の天下観」から「現実の世界観」へと転換した。復旦大学歴史学教授が特別寄稿。
第五章 中国史の中の日本(王勇)・・・『漢書』に現れる倭人から、遣唐使の墓誌、明代の倭寇、近代化の手本としての日本まで、豊富な史料から「中国史の内なる日本」光を当てる。
第六章 日本にとって中国とは何か(礪波護)・・・朝貢と畏敬、憧憬と模範、先進と親愛、対等と侮蔑――。常に正負がないまぜとなってきた日本人の中国観を、時間軸に沿って描く。
〔原本:2005年11月、講談社刊〕

目次

  • 第一章 大自然に立ち向かって――環境・開発・人口の中国史 (尾形勇)
  • 第二章 中国文明論――その多様性と多元性 (鶴間和幸)
  • 第三章 中国人の歴史意識 (上田信)
  • 第四章 世界史の中の中国――中国と世界 (葛剣雄)
  • 第五章 中国史の中の日本 (王勇)
  • 第六章 日本にとって中国とは何か (礪波護)
  • 日中交流史の主要人物略伝
  • 参考文献
  • 日中交流史年表
  • 索引

製品情報

製品名 中国の歴史12 日本にとって中国とは何か
著者名 著:尾形 勇 著:鶴間 和幸 著:上田 信 著:礪波 護 著:王 勇 著:葛 剣雄
発売日 2021年06月10日
価格 定価:1,485円(本体1,350円)
ISBN 978-4-06-523377-1
通巻番号 2662
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2005年11月、小社より刊行されました。

著者紹介

著:尾形 勇(オガタ イサム)

1938年愛媛県生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒業。文学博士。東京大学教授、立正大学教授を経て、現在、東京大学名誉教授。著書に『中国古代の「家」と国家』『東アジアの世界帝国(ビジュアル版世界の歴史8)』『中国歴史紀行』ほか。本シリーズ編集委員。

著:鶴間 和幸(ツルマ カズユキ)

1950年東京都生まれ。東京教育大学文学部卒業。文学博士。茨城大学教授、学習院大学教授を経て、現在、学習院大学名誉教授。著書に『秦帝國の形成と地域』『始皇帝の地下帝国』『人間・始皇帝』ほか。本シリーズ編集委員で、第3 巻『ファーストエンペラーの遺産』を執筆。

著:上田 信(ウエダ マコト)

1957年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。現在、立教大学教授。著書に『森と緑の中国史』『ペストと村』『シナ海域 シン気楼王国の興亡』『貨幣の条件』『死体は誰のものか』『人口の中国史』ほか。本シリーズ編集委員で、第9巻『海と帝国』を執筆。

著:礪波 護(トナミ マモル)

1937年大阪府生まれ。京都大学文学部史学科卒業。文学博士。京都大学教授、大谷大学教授を経て、現在、京都大学名誉教授。著書に『唐代政治社会史研究』『馮道』『隋唐の仏教と国家』『鏡鑑としての中国の歴史』ほか。本シリーズ編集委員。

著:王 勇(オウ ユウ)

1956年中国・浙江省生まれ。北京日本学研究センター大学院卒業。国際日本文化研究センター、浙江工商大学教授などを経て、現在、浙江大学教授。日本語の著書に『聖徳太子時空超越』『唐から見た遣唐使』『中国史のなかの日本像』ほか。

著:葛 剣雄(カツ ケンユウ)

1945年浙江省湖州生まれ。復旦大学歴史地理研究所博士課程修了。現在、復旦大学資深教授。歴史学博士。専門は中国史、歴史地理。著書に『西漢人口地理』『中国人口発展史』『中国移民史』『統一與分裂:中国歴史的啓示』ほか。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る