「最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記

帝国の終焉に立ち会ってしまった男の生涯。1882年14歳の時から1918年銃殺される三日前まで書かれた日記。大津事件、日露戦争、二月革命などの大事件をどう見ていたのか。激動の時代が映される。