中国の歴史4 三国志の世界 後漢 三国時代

講談社学術文庫
チュウゴクノレキシ4サンゴクシノセカイゴカンサンゴクジダイ
  • 電子あり
中国の歴史4 三国志の世界 後漢 三国時代
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

講談社創業100周年企画「中国の歴史・全12巻」の学術文庫版。第2回配本、第3巻と同時発売の第4巻は、後漢末期から魏・呉・蜀の三国時代に焦点を当てる。
日本人にもっとも長く、広く親しまれてきた外国文学、『三国志』に語られる歴史は、どれほど史実を伝えているのだろうか。中国文学の研究者である著者が、小説『三国志演義』を手掛かりに、大抗争時代の戦乱と外交、文化と社会を解き明かす。
著者によれば、この時代は、現代にいたる中国の歴史を知るうえで、見逃せない重要性を持っているという。たとえば、小説では悪役の魏の曹操は、卓越した改革者であり、その子の曹丕、曹植は優れた詩人だった。曹操父子を中心とする文学運動が、後の唐詩の原点となったのである。また、広大な中国に、統一帝国を強く指向する理念が確立したのは、この時代だった。さらに、中国思想の骨格を成す儒教・仏教・道教が定着し、三教の間で論争と交流が行われるようになったのも、後漢末から三国時代のことだった。
また、陳寿の正史『三国志』や羅貫中の『三国志演義』では脇役だった呉こそが、実はこの時代を演出した影の主役だという。邪馬台国と朝鮮半島を含む東アジアの動乱は、現代に何をもたらしたか。文学から歴史を読む、中国通史シリーズとしては異色の一巻。〔原本:2005年、講談社刊〕

目次

  • 序章 華麗なる乱世
  • 第一章 斜陽の漢帝国
  • 第二章 群雄割拠
  • 第三章 三分天下
  • 第四章 三帝鼎立
  • 第五章 三国の外交と情報戦略
  • 第六章 かげりゆく三帝国
  • 第七章 三教鼎立の時代
  • 第八章 文学自覚の時代
  • 第九章 邪馬台国をめぐる国際関係
  • 終章 三国時代と現代の東アジア
  • 学術文庫版あとがき
  • 主要人物略伝
  • 歴史キーワード解説
  • 参考文献
  • 年表
  • 索引

製品情報

製品名 中国の歴史4 三国志の世界 後漢 三国時代
著者名 著:金 文京
発売日 2020年11月12日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-521568-5
通巻番号 2654
判型 A6
ページ数 440ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2005年1月、小社より刊行されました。

著者紹介

著:金 文京(キン ブンキョウ)

1952年東京都生まれ。慶應大学文学部卒業。京都大学大学院中国語学文学専攻博士課程修了。慶應義塾大学助教授,京都大学人文科学研究所教授などを経て,現在,京都大学名誉教授。主な著書に『三国志演義の世界』(東方書店)、『教養のための中国語』(大修館書店)、『漢文と東アジア――訓読の文化圏』『李白――漂泊の詩人 その夢と現実』(岩波書店)、『水戸黄門「漫遊」考』(講談社学術文庫)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る