小林秀雄全文芸時評集 下

講談社文芸文庫
コバヤシヒデオゼンブンゲイジヒョウシュウ
小林秀雄全文芸時評集 下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時代を超えた若き「文芸時評集」

文学と時代を語り文芸時評の行く末をも見定めた小林秀雄

昭和九年の後半から、文芸時評から身を退く昭和十六年八月までの二十七篇を収録。時代は日中戦争へ、さらには太平洋戦争へと緊迫するなか、マルクス主義壊滅後の中心的批評家として、いかなる文芸時評が可能であったか。戦争目的の是非を論ずることの無意味さをいだきつつ、「当麻」「無常といふ事」「西行」など一連の古典論へと沈潜していくその後の小林を予感させる、貴重な一冊。

山城むつみ
どんなに緻密な解釈であれ、解釈は原文に限りなく漸近することができるだけで、決してこれに追いつくことはできない、いわんや追い越すことなどありえない。これは昭和十年以降、小林が自分に課した「批評的創作」の命法にほかならない。――<「解説」より>

※本集は、掲載紙誌において、「文芸時評」「文芸月評」と銘打たれた作品を集成したものです。底本は、新潮社刊『小林秀雄全作品』5~14(二〇〇三年二月~二〇〇三年十一月)としました。

製品情報

製品名 小林秀雄全文芸時評集 下
著者名 著:小林 秀雄
発売日 2011年08月12日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-290130-7
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 掲載紙誌において「文芸時評」「文芸月評」と銘打たれた作品を集成した物。底本は、新潮社刊「小林秀雄全作品」5~14(2003年2月~2003年11月)とし、振り仮名は適宜調整した。

書店在庫を見る