小林秀雄全文芸時評集 上

講談社文芸文庫
コバヤシヒデオゼンブンゲイジヒョウシュウジョウ
小林秀雄全文芸時評集 上
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

知性のドラマを批評へとたかめ近代を拓いた新しい文芸時評

懸賞評論「様々なる意匠」二席入選の翌年(昭和五年)、「アシルと亀の子」で、文芸時評家として文壇に登場した小林秀雄。当時隆盛を極めたマルクス主義文学の観念性を衝き、また心理小説、私小説、行動主義等、あらゆる文学潮流にも与することなく、孤高を持し、本質的で独創的な論を展開。そこには個々の作品を論じつつも、批評という行為それ自体を問う、<近代批評>誕生のドラマがあった。

小林秀雄
文学という形はその影をもっている。瞬時も同じ格好をしていない人間の心という影をもっている。作品という死物に、命を与える人間の心は、社会の鏡でもなければ、又、社会は人間の心の鏡でもないのである。文学に関する困難は、ただこの影の世界を覗くにある。――<本書収録「文学と風潮」より>

※本集は、掲載紙誌において「文芸時評」「文芸月評」と銘打たれた作品を集成したものです。底本は、新潮社刊『小林秀雄全作品』1~5(二〇〇二年十月~二〇〇三年二月)としました。

製品情報

製品名 小林秀雄全文芸時評集 上
著者名 著:小林 秀雄
発売日 2011年07月10日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-290129-1
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 掲載紙誌において「文芸時評」「文芸月評」と銘打たれた作品を集成した物。底本は、新潮社刊「小林秀雄全作品」1~5(2002年10月~2003年2月)とし、振り仮名は適宜調整した。

書店在庫を見る