テクストから遠く離れて

文芸(単行本)
テクストカラトオクハナレテ
テクストから遠く離れて
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

理論編
これが批評だ!世界が見える!

いま求められる批評の原理とは?小説の核心的<読み>を通して、テクスト論・ポストモダン理論の限界と文学思想における批評の停滞を超え、新たな普遍性の原理を提示する脱テクスト論の地平へ。

わたしはただの読者として小説を読むということだけを心がけた。この本にもしほんの少しの新しさがあるとしたら、ただの読者が小説を読むという経験だけで、バルト、デリダ、フーコーといった「作者の死」の論者たちの説に、向き合っていることだ。ここに脱テクスト論と呼んでいるものこそ、これまでの作者還元主義批評に対する、ありうべき否定の論、その克服の論なのだと、わたしは考えている。――あとがきより

製品情報

製品名 テクストから遠く離れて
著者名 著:加藤 典洋
発売日 2004年01月17日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-212207-8
判型 四六
ページ数 328ページ
初出 『テクストから遠く離れて』1「作者の死」と『取り替え子(チエンジリング)』は『群像』’02年10月号、2『海辺のカフカ』と「換喩的な世界」は『群像』’02年10月号、3『仮面の告白』と「実定性としての作者」は『群像』’03年9月号、(「『仮面の告白』と「作者殺し」」を改題)

書店在庫を見る