大衆文学論

講談社文芸文庫
タイシュウブンガクロン
著:尾崎 秀樹 解説:縄田 一男 その他:田辺 貞夫
  • 電子あり
大衆文学論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

白井喬二、菊池寛らを論じ、先行する大衆文学論を詳細に考察した第一部「大衆文学の理論」。吉川英治、山本周五郎、松本清張らの、作家と作品を論じた第二部「作家の年輪」。時代小説の挿画、落語、浪曲など、大衆文化・芸能を掘り下げた第三部「大衆文学の周辺」。独自の視点で大衆文学を検証し、芸術性偏重の従来の文学観に新たな文学論を提示した画期的評論集。芸術選奨受賞作。


白井喬二、菊池寛らを論じ、先行する大衆文学論を詳細に考察した第1部大衆文学の理論。吉川英治、山本周五郎、松本清張ら作家と作品を論じた第2部作家の年輪。時代小説の挿画、落語、浪曲等大衆文化、芸能を掘り下げた第3部大衆文学の周辺。独自の視点で大衆文学を検証し芸術性偏重の従来の文学観に新たな文学論を提示した画期的評論集。芸術選奨受賞。人名索引を付す。

製品情報

製品名 大衆文学論
著者名 著:尾崎 秀樹 解説:縄田 一男 その他:田辺 貞夫
発売日 2001年05月10日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-198258-1
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 備考参照

オンライン書店で見る