俳人蕪村

講談社文芸文庫
ハイジンブソン
  • イベント
俳人蕪村
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸の俳人与謝蕪村の魅力を再発見した正岡子規の名俳論。明治になるまで芭蕉の陰で忘れられていた蕪村の俳人としての高い評価を決定し、近代芸術家としての蕪村像を後代に伝える。併せて、「蕪村と几董」「蕪村風十二ヶ月」「行脚俳人芭蕉」「一茶の俳句を評す」等の江戸期俳句に関する評論を纒め、巻末資料に、当時の漫画「蕪村寺再建縁起」を収録する。

製品情報

製品名 俳人蕪村
著者名 著:正岡 子規 解説:粟津 則雄
発売日 1999年10月08日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-197684-9
判型 A6
ページ数 194ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『子規全集』第4、5、12巻(昭和50年11月、51年5月、50年10月講談社刊)