日本の文学論

講談社文芸文庫
ニホンノブンガクロン
  • 電子あり
日本の文学論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

歌論、俳論というのは、日本の古典文学論ではあるが、それは古今集や新古今集の序文に見られ、また歌合の判詞などにも納得の行く形で表現されている。歌の心と詞、日本的美意識については、西洋の論理ですべて割り切れるものではない。明晰を越えた直観、それを著者は新たな批評の言葉として提起している。従来の日本語の批評言語を読み直すことで、日本文学の豊かさを示唆する画期的文学論。

製品情報

製品名 日本の文学論
著者名 著:竹西 寛子
発売日 1998年11月04日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-197640-5
判型 A6
ページ数 286ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『日本の文学論』(1995年8月20日、講談社刊)

オンライン書店で見る