世界の読者に伝えるということ

講談社現代新書
セカイノドクシャニツタエルトイウコト
  • 電子あり
世界の読者に伝えるということ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本文化が世界で人気があると聞くとうれしい。コンテンツ輸出も重要だ。ただ、日本文化の発信にあたって、いま求められているのは、「日本発の文化を、日本以外の世界の読者の視点から見てみる」ことではないだろうか? 
アメリカで森鴎外を学び、大学で教えた経験も持つ著者が、文学と批評を例にして、比較文学と地域研究というふたつのアプローチを通して考える。


【目次】
序章 「世界の読者」の視点

第1部 ひとつめのレンズ 比較文学篇――世界文学としての日本文学

第1章 アメリカで学んだ、日本文学の大切なこと
第2章 「世界の読者」から読みかえる村上春樹
第3章 「世界文学」という読みかた
第4章 海外の大学から見る「日本文学の発信」

第2部 ふたつめのレンズ 地域研究篇――日本研究からみる日本文化・ポピュラーカルチャー・現代日本の批評

第5章 日本研究という視点
第6章 日本研究で「日本らしさ」を語ることのむずかしさ
第7章 日本のポピュラーカルチャーを研究する
第8章 海外の日本研究から読む、現代日本の批評

終章 すべての文化は「世界の財産」である

目次

  •  序章 「世界の読者」の視点
  • 第1部 ひとつめのレンズ 比較文学篇――世界文学としての日本文学
  •  第1章 アメリカで学んだ、日本文学の大切なこと
  •  第2章 「世界の読者」から読みかえる村上春樹
  •  第3章 「世界文学」という読みかた
  •  第4章 海外の大学から見る「日本文学の発信」
  • 第2部 ふたつめのレンズ 地域研究篇
  •  ――日本研究からみる日本文化・ポピュラーカルチャー・現代日本の批評
  •  第5章 日本研究という視点
  •  第6章 日本研究で「日本らしさ」を語ることのむずかしさ
  •  第7章 日本のポピュラーカルチャーを研究する
  •  第8章 海外の日本研究から読む、現代日本の批評
  •  終章 すべての文化は「世界の財産」である

製品情報

製品名 世界の読者に伝えるということ
著者名 著:河野 至恩
発売日 2014年03月19日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288255-2
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 世界の読者に伝えるということ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:河野 至恩(コウノ シオン)

1972年、静岡市生まれ。上智大学国際教養学部准教授。県立静岡高校卒業後、渡米し、ボードイン大学で物理学・宗教学を専攻。プリンストン大学大学院比較文学部博士課程修了(専攻は日本近代文学・英文学)。プリンストン大学非常勤講師、オハイオ州ウィッテンバーグ大学ティーチングフェロー、ウィスコンシン大学客員助教授などを経て現職。2012年、ライプツィヒ大学客員教授としてドイツ・ライプツィヒに滞在。訳書にHiroki Azuma, Otaku: Japan's Database Animals(東浩紀『動物化するポストモダン』の英訳、ジョナサン・エイブルと共訳)、アルバート・ウェント『自由の樹のオオコウモリ』(日本経済新聞社)など。

オンライン書店で見る