看護婦泣き笑いの話

講談社文庫
カンゴフナキワライノハナシ
  • 電子あり
看護婦泣き笑いの話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

看護婦のイメージというと、白衣の天使、奉仕、献身、下の世話などと、一種特別なものと思われがち。でも、白衣を脱げば、みんな普通の女性、いいえ、白衣を着ているときでも、普通の女性なのです。それが証拠に、ドジもふめば、グチも言う……。百聞は一見にしかず、現役看護婦が描く、麗しき(?)看護婦生活の実態!

製品情報

製品名 看護婦泣き笑いの話
著者名 著:宮子 あずさ
発売日 1997年04月14日
価格 定価 : 本体495円(税別)
ISBN 978-4-06-263494-6
判型 A6
ページ数 268ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1994年5月、講談社より刊行

オンライン書店で見る