「戦争よりも本がいい」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
戦争よりも本がいい

ドイツ文学者として出発した著者は、たんなる独文学研究者にとどまることはありませんでした。日本文学はもとより、美術、工芸、民俗、芸能、放送文化に至るまで、幅広く日本と世界の文化を読み解き、ときに軽妙に、ときに重厚に、数多くの文章を世に問うてきました。 そのおびただしい作品の背景には、広くかつ深い読書体験があります。 本書は、現代日本の代表的な文筆家の一人である著者が、忘れがたく、ひそかに大事にしてきた、しかし一般には知られることのほとんどない幻の本の数々を、紹介するものです。 著者は、大きな物語には与しません。政治や経済を声高に語るタイプの本は、ここには登場しません。集団的自衛権も憲法9条も、表だって登場することはありません。 そうではなく、市井にあって、人知れず情熱を傾け、深い思索や高潔な境地にたどり着いた、滋味をたたえる名著と呼ぶべき本が、主役です。 たとえば、先の戦争の時代に成人とならざるをえなかった人々。無名の歌人・田部君子が詠んだ珠玉の歌。民間の饅頭博士・松崎寛雄の心意気。 はたまた、芥川龍之介が密かに思いを寄せた人を恋う悪念の詩、あるいは、江戸を自在に往来した金谷上人の痛快無比な行状記。 全129冊。「本のなかにどっさり本のある本」を堪能してください。