「されど“男”は愛おしい」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 特集・レビュー
されど“男”は愛おしい

ベストセラー『されど”服”で人生は変わる』の齋藤薫が、男について始めて語る。緻密に無慈悲に、愛を込めて。これが男の新基準。 「小説現代」に連載中の、男についての辛口エッセイ。 新たなる「齋藤薫語録」、誕生 ・気づいていただろうか? 女たちの多くが、軽い“手フェチ”であることに。 ・“スケベ”は早く老け、“女たらし”は歳をとらない。 ・“笑い”は言わば、どこかでやっぱり男の義務なのだ。 ・名もなき“フツーの髪型”を貫く男が歳をとらない。 ・ダイエットはやっぱり宿命的に男に向いていないのだ。 ・女にとってマザコンは“鬼門”である。 ・人として有能な男ほど、“妻選び”にまったく迷いがない。