あきらめるのはまだ早い 1

アキラメルノハマダハヤイタイダンココマデキタサイシンイガク
あきらめるのはまだ早い 1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ベストセラー作家・渡辺淳一が医療に斬り込む画期的シリーズ第一弾!

渡辺淳一氏の最新刊は、現代人の多くが関心を持つ病気について、医師と患者双方の本音をとことん引き出す画期的試み。テーマは腰痛、膝痛といった誰にとっても他人事でないものから、不妊症、EDといった「現代人病」、さらには美容整形、花粉症まで多岐に渡る。
対談ではロボットを使ったハイテク手術や驚異的な新薬といった「医療最前線」の話が医師から出れば、患者側からは「医師や病院への不満」が飛び出す。そして医師・患者双方に、聞き役の渡辺氏があらゆる角度から斬り込む。「腰痛」の章では、「日本一多忙な男」みのもんた氏も患者代表として登場する。
一般的になじみのある疾患を集めた第一巻に続き、「がん篇」の第二巻、「難病篇」の第三巻が続けて発刊される。三冊まとめて手もとに置けば、まったく新しい「家庭の医学書」として活用できるはずだ。

本書で取り上げるテーマと登場する名医たち
不妊症………………佐藤孝道(聖路加国際病院女性総合診療部長)
腰痛…………………福井康之(国際医療福祉大学三田病院整形外科部長)
膝痛…………………守屋秀繁(千葉大学名誉教授)
ED…………………熊本悦明(日本メンズヘルス医学会理事長)
眼疾患………………若倉雅登(井上眼科病院院長)
花粉症………………今井 透(聖路加国際病院耳鼻咽喉科部長)
インフルエンザ……岡部信彦(国立感染症研究所感染症情報センター長)
美容整形……………白壁征夫(サフォクリニック院長)

製品情報

製品名 あきらめるのはまだ早い 1
著者名 著:渡辺 淳一
発売日 2008年09月30日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-214123-9
判型 四六
ページ数 290ページ
初出 『週刊現代』2006年5月6・13日号~2007年4月28日日号、2007年8月18・25日号~2008年6月14日号に連載された「ここまできた最新医学」と題した対談からまとめたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス