どこか或る家 高橋たか子自選エッセイ集

講談社文芸文庫
ドコカアルイエタカハシタカコジセンエッセイシュウ
著・その他:高橋 たか子 解説:清水 良典
  • 電子あり
どこか或る家 高橋たか子自選エッセイ集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

すべて素顔の私。私らしい文章40篇を厳選ーー小説の中に表われる作家の分身……。自身そのように小説を書いてきたけれど、それは、<私>という人間そのものでは、決してない。おさない頃の京都の記憶、日々の生活を楽しんだ鎌倉、親しい友との旅、出会い、そしてパリでの霊的体験……。書きつづってきた文章の中から、40篇を選び出してみた、ほんとうの<私>をわかっていただくために。
◎高橋たか子「今、人生の最終段階にいる私は、私という者が大体どういう者であったかを、すくなくとも、すでに書いたエッセイをざっと並べる形において、わかっていただきたい、と思う。大体、と書いたが、全体は神のみぞ知る。<「著者から読者へ」より>

製品情報

製品名 どこか或る家 高橋たか子自選エッセイ集
著者名 著・その他:高橋 たか子 解説:清水 良典
発売日 2006年12月10日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-198461-5
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:「魂の犬」~「幻のノルウェー」/『魂の犬』’75年4月講談社刊「黄昏の驚異」~「最初に会った頃の遠藤さん」/『記憶の冥さ』’77年11月 人文書院刊・「不幸の哲学」~「わが町」/『驚いた花』’80年6月人文書院刊・「プロヴィダンス」~「『あなた』を下さい」/『霊的な出発』’85年1月 女子パウロ会刊。上記以外の作品は、各文章末に明示した初出紙誌を底本とする。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る