晴れたり曇ったり

文芸(単行本)
ハレタリクモッタリ
晴れたり曇ったり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「もういない、でもまだいる」 この前、好きだったひとを、みかけた。まちがいない。会いたいと思いながら会えなかった人に、ようやく会えた。そう思ったとたんに、その人がもうなくなっていることを思いだした。
「ぬか床のごきげん」 ぬか床には四種類の期限がある。笑うぬか床、慇懃なぬか床、怒るぬか床、そして淋しがるぬか床。
「真夜中の海で」 大学では生物を勉強した。私の卒業研究は、「ウニの精子のしっぽの運動性」だった。
「晴れたり曇ったり」 大学時代、バスの窓越しに見かけた喫茶店「晴れたり曇ったり」。一度訪ねてみたいと思いつつ、いくことはなかった。

製品情報

製品名 晴れたり曇ったり
著者名 著:川上 弘美
発売日 2013年07月27日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218374-1
判型 四六
ページ数 248ページ
初出 収録作品参照

著者紹介

著:川上 弘美(カワカミ ヒロミ)

川上 弘美(かわかみ・ひろみ)   1958年生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』でドゥマゴ文学賞と紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。ほかの作品に『風花』『どこから行っても遠い町』『天頂より少し下って』『神様2011』『なめらかで熱くて甘苦しくて』などがある。