やりたいことは二度寝だけ

講談社文庫
ヤリタイコトハニドネダケ
やりたいことは二度寝だけ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

毎日アッパッパー姿で会社に行き、仕事の合間に1.5Lの紅茶を飲み、帰りは商店街をふらふら歩く。検索やノート集め、炭水化物、サッカーをこよなく愛し、からあげ王子に思いを馳せ……。日々のささやかでどうでもいい出来事を“マヌケ面白い”視点で綴る、超庶民派芥川賞作家による脱力系初エッセイ集。

目次

  • 1 今週の検索
  • ご自由に、の私的実態
  • 今週のライフハック( 貧)
  • 再犯の恐れ有り
  • 子育てもったいない
  • パン・アンド・ミー
  • まぶたのバチバチ
  • アッパッパーの狡猾
  • 米粉と鉄分の蜃気楼
  • 憂い顔のニューフェイス
  • 小学生と選挙
  • 中央分離帯のスズムシ
  • 個人的な歳時記
  • 友達がいなさそう?
  • 判断が難しい気温
  • 大人とお片付けの歌
  • 高嶺の葉っぱ
  • 苦悩の実況
  • ユニークな防衛システム
  • すき焼きに追われる
  • マルチーズの正体
  • 「働く私はみにくい」
  • いっそ妖精ということで
  • 2 まぬけな日々
  • 花見への情熱
  • 会社員はカナリアか?
  • 体は古くなる
  • ある部屋の歴史
  • 石切さん
  • お茶屋と文筆業
  • 無理してるクリスマス
  • 成長はなくとも豆知識は増える
  • いい鍋と塾通い
  • 走るモラトリアムとしての新幹線
  • とても幸せな箱のこと
  • 飛ばない蝶、ふれあう甲虫
  • 求む、ぽっちゃり神様
  • 商店街の鑑賞
  • 厄年との付き合い始め
  • 栄光、凋落、筆圧
  • 3 まぬけな日々の楽しみ
  • 小心者の信心
  • 極私的「お茶の時間」
  • ノートハンターの告白
  • ノートハンターの報告
  • 養命酒とスペイン語
  • 何者なのだアレックス【「まいにちスペイン語 エリのドキドキ☆スペイン留学」の感想】
  • ドラクエとわたしの二十年
  • ピクサーの三本
  • 野球をする子が歩いて行く
  • 二〇一〇年W 杯に向けて
  • サンマルコの包容力
  • 4 作家で会社員
  • ショッピングモールの探索
  • なんとなくの旅はつづく
  • 数珠のようなものと弟
  • 北京五輪の夏にやっていたこと
  • からあげ王子
  • 本屋さんと話す楽しみ
  • こんなはずではなかった
  • 小説には書けない好きな言葉
  • 「女が働くということ」に関する原稿
  • 芋美と幸子│
  • あとがき
  • 文庫版あとがき
  • 解説 藤田香織

製品情報

製品名 やりたいことは二度寝だけ
著者名 著:津村 記久子
発売日 2017年07月14日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-293718-4
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2012年6月に小社より刊行された単行本のうち数篇を除き、順序を変えて文庫化したものです。

著者紹介

著:津村 記久子(ツムラ キクコ)

|著者|津村記久子 1978年大阪府生まれ。
大谷大学文学部国際文化学科卒業。2005年『マ
ンイーター』(『君は永遠にそいつらより若い』
に改題、ちくま文庫)で第21回太宰治賞を受
賞し作家デビュー。‘08年『ミュージック・
ブレス・ユー!!』(角川文庫)で第30回野間
文芸新人賞、‘09年『ポトスライムの舟』(講
談社文庫)で第140回芥川賞、‘11年『ワーカ
ーズ・ダイジェスト』(集英社文庫)で第28回
織田作之助賞、‘13年「給水塔と亀」で第39回
川端康成文学賞、′16年『この世にたやすい
仕事はない』(日本経済新聞出版社)で芸術選奨
文部科学大臣新人賞を受賞。著書に、『エヴリ
シング・フロウズ』(文春文庫)、『まぬけな
こよみ』(平凡社)、『これからお祈りにいきます』
(角川文庫)、『浮遊霊ブラジル』(文藝春秋)、
『くよくよマネジメント』(清流出版)、『カソウ
スキの行方』(講談社文庫)、『二度寝とは、
遠くにありて想うもの』(講談社)など多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV