国富215兆円クライシス 金融老年学の基本から学ぶ、認知症からあなたと家族の財産を守る方法

星海社新書
コクフニヒャクジュウゴチョウエンクライシスキンユウロウネンガクノキホンカラマナブニンチショウカラアナタトカゾクノザイサンヲマモルホウホウ
  • 電子あり
国富215兆円クライシス 金融老年学の基本から学ぶ、認知症からあなたと家族の財産を守る方法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本国民の215兆円が危ない!
令和日本最大の問題「認知症と財産」を打開する方法とは!?
600万人以上の認知症患者を抱え、20人に1人が認知症の超高齢社会・日本。認知症患者の資産は既に143兆円にのぼり、2030年には国家予算の倍を超える215兆円に到達するともいわれますが、その一大資産は、認知症の判断力低下を狙った詐欺や悪質商法の格好の標的です。それ以外にも成年後見制度や遺言をめぐる家族内トラブル、企業の不祥事対策など様々な点で「認知症とお金の問題」が注目されています。認知症は完全な予防ができず誰もが当事者になりえます。この本ではあなた自身や家族の財産を守るために、認知症の進行前からできることを解説します。

*以下、本書目次から抜粋
はじめに

第1章 認知症の現在

第2章 なぜ「認知症とお金の問題」なのか

第3章 家庭における認知症とお金の問題

第4章 企業の視点からみた認知症とお金の問題

第5章 社会における認知症とお金の問題

おわりに

謝 辞

製品情報

製品名 国富215兆円クライシス 金融老年学の基本から学ぶ、認知症からあなたと家族の財産を守る方法
著者名 著:木下 翔太郎
発売日 2021年02月26日
価格 定価:1,210円(本体1,100円)
ISBN 978-4-06-522528-8
通巻番号 175
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:木下 翔太郎(キノシタ ショウタロウ)

慶應義塾大学医学部助教、精神科医。1989年、神奈川県生まれ。千葉大学医学部在学中に国家公務員総合職採用試験に合格し、卒業後は内閣府に入府。高齢社会対策、子育て支援などに従事し、高齢社会白書の作成にも携わる。内閣府退職後、東京女子医科大学東医療センターを経て、現在は慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室に所属。精神科医・産業医として勤務する傍ら、医療政策や予防医療などの研究に従事。共著に『企業は、メンタルヘルスとどう向き合うか』(祥伝社、2020年)がある。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る