「セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日」既刊・関連作品一覧

セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日

哲学者・大谷大学教授・大阪大学前総長 鷲田清一氏推薦!
「犬は<感情>の賢者。その意味がじわーっと見えてくる」

犬たちがいれば、失われたはずの記憶が、言葉が、そして笑顔がよみがえる――
認知症を癒やす「ドッグセラピー」。その現場を4年にわたり密着取材した感動の書きおろしドキュメント

失われた<自分>をさがして――認知症患者と犬たちの長い旅路

患者の記憶は死滅することなく、眠っていたのだ。わずかに残っている記憶には、人生が凝縮し、結晶している。セラピードッグは人を記憶の在りかに導く。そこには涸れることのない記憶の泉があるのだろう。――<本文より>

「奇跡」はなぜ起きたのか――
脳科学・医学の視点からドッグセラピーを徹底検証

起床時に手の中に便を握っていることもあった八〇歳の女性が、重度の認知症から回復の兆しを見せている。最初は目の前にいる犬も認識できなくて、まるで会話が成立しなかったのに、つじつまの合う発言が増えてきた。(中略)この施設を訪問しているうちに、私の驚きは疑問に変わった。ここでは何が起きているのか。――<序章より>