「社会脳からみた認知症 徴候を見抜き、重症化をくい止める」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
社会脳からみた認知症 徴候を見抜き、重症化をくい止める

「認知症+予備軍1000万人」時代に備える。

認知症は、社会生活を営むうえで不可欠の「社会脳」を破壊するという。

突然、怒り出す。平然と他人を無視する。
妄想に駆り立てられ、暴力をふるう――。

現役世代を襲う「若年性認知症」で特に問題となるこれらの症状は、なぜ現れるのか?

病状の進行とともに大きく変化していく患者の心の状態を、「脳の機能」の観点から解き明かす社会脳科学によって、“患者本人の性格のせい”にされがちだった介護者泣かせの行動の背後に、脳の病変がひそんでいることが明らかになってきた。

家族関係や夫婦関係、職場の人間関係を激変させる“国民病”と向き合うための、新しい認知症のとらえ方――。


〈早期発見〉7つのポイント

・温厚だった人が、怒りっぽくなった
・出来事の前後関係がわからなくなった
・服装や身のまわりのことに無関心になった
・話しかけても生返事しか返ってこない
・食の好みが変わった
・同時に2つのことをすると、1つを忘れる
・「たとえ話」が通じなくなった