「まだ間に合う! 今すぐ始める認知症予防」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
まだ間に合う! 今すぐ始める認知症予防

まえがき


ひと目でわかるイラスト図解
《講談社健康ライブラリーイラスト版》

【脳を刺激する最強の予防法 「筋トレ」&「デュアルタスク」】
軽度認知障害(MCI)とは認知症の一歩手前の状態のこと。
日本だけで推定400万人。この段階で気づけば認知症の予防が可能です。
記憶力、注意力に不安を感じたら今すぐ対策を開始しましょう!

【まえがきより】
認知症の激増を受けて、注目されるようになってきたのが軽度認知障害(MCI)という概念です。認知症と判断できるほどではないけれど、同年齢の人と比較するともの忘れが目立つことが基本です。加えて注意能力や判断力が低下している傾向がみられがちです。
認知機能がいちじるしく低下してしまうと、そこから治療を始めても健常な状態にはなかなか戻せません。けれども軽度認知障害の段階から適切な取り組みを始めれば、認知機能の維持・向上をはかれる可能性は十分にあります。そのため、できるだけ早くから取り組みを始めることの重要性に注目が集まっているのです。
本書では、デイケアで実際におこなわれている方法なども紹介しながら、読者が自分でできる認知症予防のための取り組み方を示していきます。
本書で紹介する方法はすべて、軽度認知障害という診断を受けているかどうかにかかわらず、始めてもらってかまいません。認知症予防のための取り組みは、「始める時期が早すぎた」という問題が起きることはないからです。
(監修者 朝田隆)

【認知症をくい止めるポイントは】
●認知機能をアップさせる確実な方法「運動」を効率的に
●頭を働かせながら体を動かす「デュアルタスク(二重課題)」
●認知機能の低下が目立ってきたら「抗認知症薬」を検討する
●家に閉じこもらず、一歩外へ出て「会話」が生まれる場に出向く
●「生活習慣病」の改善ができれば認知症発症リスクは回避できる
●食生活の改善は世界が注目する長寿食「地中海式ダイエット」をお手本に