「40歳からの「認知症予防」入門」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 特集・レビュー
40歳からの「認知症予防」入門

脳が縮み始める、その前に――。

画像診断で萎縮が確認できる段階では、病状はすでに、深刻なレベルに到達している。

脳内の病変や異常タンパク質の蓄積は、40歳から始まる。

働き盛り世代からの予防策だけが、認知症の発症リスクを低下させる。

食事や運動、人との交流や読書習慣など、何をどれくらい、どのように取り組めばいいのか。

高齢期の愛と性が、認知症に与える影響とは?

初代認知症サポート医の一人で、豊富な診察経験をもつ著者が、科学的エビデンスに基づく予防法を、やさしく詳しく解説する。